自由会話って何?

初心者のレッスンで、自由会話をしようと言わると、そもそも中国の方との会話をしたことがない人は、みんな困るのではないでしょうか。
わたしも、毎日のようにSKYPEでレッスンをしていたとき、この自由会話が苦手でした。そもそも、日本人とも会話をしたくないのだから、会話が目的でないのだし、語学の習得で会話をしなくてもいいんじゃ?などと本心で思っていることも言えず、テキストのレッスンの前に、無口なわたしに無理に、「今週の仕事はどうですか?」とか「嵐では誰がすきですか?」というような、更に関心の欠片さえ無いような話題を振られて、困ってばかりでした。
それが、日本人の恋人をたくさん抱える老師から、その言語を伝えなければいけない状態でこそ、人は語学を習得する。みたいな概念を教わり、語学取得の練習手段としての中国語会話には興味を持ってきました。


中国語の初心者が自由会話をしようとして困るのは、語彙の問題や、語順の問題も、発音を間違えることの怖さなどもありますが、そもそも、「何を話したらいいのかわからない」状態になることではないでしょうか。
そして、まず日本語で言いたいことを考えて、中国語に置き換えようとすると、そこで、表現したい語句の中国語がわからない。語順もわからない。けど、とりあえず話してみて、適切な語彙や語順や発音に修正されて、何か会話の練習をしている感じになるのではないでしょうか。
もっとも、日本にいてインプットが十分でない時期にアウトプットをしようとするのは、無謀のような気もしますが、1000語近くの語彙があるのなら、自然なアウトプットができる練習もしたくなるというのも性分です。


杭州で中国人の恋人を作った彼の説によると、中国人との会話も、語順が間違えても、発音や、時には四声さえ間違えても、文脈や前後で中国人がたいてい理解してしまうと、いちいち修正をしてくれないので、勉強にならない。そこで彼が提案したのは、職場でも恋人との間でも、自分の中国語が間違える度に必ず修正をさせたことと、彼も恥ずかしがらずに何度も言い直して、次は間違えないようにしたことでした。特に恋人との間では、中国語を間違えるのは恥ずかしい、でも修正することを恥ずかしがらないという緊張感のような関係を築いていたとのことでした。
「テレビで中国語」の藤原紀香さんの中国語は、個々の母音、子音はそれなりに出来ていても、やはり文章を発すると、四声が乱れて、先生に修正されると、弱気な発音になっていますよね。あれを見る度に、勝手にわがことのように思うのですが、間違えを修正されたときこそ、堂々とした声で修正していかないと、弱気癖がついて、やはりいつまでも自分から発言をすることに積極的になれないのかもしれません。


また、あくまでレッスンの中でですが、自由会話が自分の範囲でそれなりにできるようになって感じるのは、堂々と話すことを繰り返したことと、「かえるらいふ」の練習が効果があったように思います。
と、「かえるらいふ」 とは、動画講座として、短文を繰り返す練習ができるのですが、今の講座もまた一癖がある例文で、やりごたえはあるのですが、今のわたしの水準ではかなり難しいです。
わたしが、これもヤフオクで購入したのは、「ビジュアル中国語・例文ドリルー基本の表現編」というDVDでした。とはいえ、DVDを見たのは、最初の数分だけで、未だに一度も最後まで見たことがありません。ここに入っている音声をiPodに入れて、ひたすら音読に使っていました。この音声を使って感じたのは、まさしく「英語完全上達マップ」の各練習方法に適していることです。
音読パッケージとしても、音声を自然に流しっぱなしにしても、中国語で繰り返す時間をとっているポーズが十分にあります。瞬間作文としては、まさしく日本語から中国語の読みあげなので、日本語から中国語の読み上げの間に、中国語を完成させる練習ができます。また、テキストの構成が文法の整理としてまとめられているので、それなりに基本文法を意識することもできます。ただ、かなり基本的な文法しか扱われませんので、どんな複文はもちろん、使役も、受け身も、比較文すらおそらく出てきません。ただ、ひらすら、語順を意識させた基本文型の繰り返しと、「了」の使い方だけに多くの頁をさいて、あとは持続、経験、未来、疑問文の使い方だけです。スピードも遅からず早からずで、語彙は恐らく1000語程度の基本用語ばかりなので、これを中国語で繰り返せなければ、自分が恥ずかしいよ。という気概で、何十回もテキスト見ない音読を繰り返しました。


類似テキストはありそうで、これと同じものはあまりないと思うのは、基本文型と基本語彙なのだけど、約550という例文の量と、その例文が普通の感覚より1.5倍長くて、一拍考えないと、なかなか言い切れないところでしょうか。たとえば、語気助詞としての「了」の例文では、こんな感じです「子供を産んだ後、最初は子育てを難しく感じていましたが、今は慣れて難しいとは思わなくなりました」とか「田中さんが突然病気になったので、今日午前の会議にあなたが参加する他ありません」という具合です。わざわざ余分な言葉をつけているところで、この言葉をどこにいれるのかという語順が、文法的な知識と関係なく、反射的に反応できるようになるのかもしれません。
ただ、わたしは中国語の文章を書くのは好きですが、作文はあまり好きではないので、ここでも、日本語を中国語に作文するというのではなく、この日本語は自分の言葉であると意識して、中国語を言おうとしていました。テキストの作文としての練習なのか、自分の表現としての練習なのかの意識の差は、意外に大きいのではないかと思います。
よく英語学習では、中学英語でたいていの事は話せる。というように言われていますが、「たいてい」の範囲はともかく、こと会話においては、中国語も、このような基本的な語彙で構成された正しい語順を自然に表現できるようになるということが大切なのではないだろうか。と思いつつ、未だに「了」の使い方を身につけられないわたしです。

iPodで聴く「家有儿女」

ゴールデンウィークは、いろいろと用事があったり、出社しなければいけなかったりで、昨年のように中国漬けにはできないのですが、それでも、中国語中心の計画を立てて、自分を盛り上げました。
まず出社する日もしない日も、毎朝10〜20Kは走ることにして、いろいろなところを引き締めて、夏に向けて、また走ることも日課に入れたいです。
出かける用事がない日のわたしの一日は、走る、猫、中国語、ご飯、寝る。と、それだけしかありません。
また、この期間に中国語のテキストを何冊か読み終えたいです。
去年は半年で大学1年用テキスト、後半の半年で大学2年用のテキストとしたつもりだったのですが、やはり大学2年生用のテキストは、5,6冊を読み終えたものの、なかなか消化出来ませんでした。
そして、ようやく一年経って、まさしく2年生気分で教科書を見ると、ようやく、消化できそうに感じてきました。単に何度も読んだからかもしれませんが。。
ちなみに、去年の今頃はヤフオクで大量の大学生用教科書を見つけて、安く買えたのですが、今年は、同じ種類の教科書は全く見つけられませんでした。
中国語教科書の寿命は短いのか、関係者にヤフオクに教科書を転売することの禁止令でも出たのかしらと慮ってしまいます。
あと、右の教材欄に書いたままの、「かえるらいふ」と「会話ルート66」も、いいかげん終わらせたいです。どちらもいいテキストだと思います。思いますが、テキストの目的が暗唱させる、というところにあるようだと、何十回読んでもなかなか暗唱できない。終わった気にならない。という、どこまでやればいいのか感で、敗北感すら味わってしまいます。
あと、中国の小学生用教科書も終わらせたいし、暗唱した「心に残る中国語」も定着化したいし、中国語映画もみたいし。「家有儿女」も2に進みたい。などなど野望はいろいろ詰め込みました。



「家有儿女」は、家族ドラマなので、初見でも、聴き取り力と全く関係なく、なんとなくそこで演じられている内容を察することができてしまいます。たとえスワヒリ語でも、ある程度は理解できてしまいそうなのですが、それはそれで、言語学習に必要な能力なのかもしれませんが、純粋中国語学習とは方向性が違う気もします
また、一度丁寧にスクリプトを読んだ話だと、さらに内容が掴めてしまい、単語も結構聴き取れてしまうのですが、これも先に中国語で内容を理解しているのは、自力で聴き取ろうという力が養えないような気がします。
日本人の中国語学習はテレビよりラジオの方がいいと、かの加藤嘉一さんも力説していますが、「家有儿女」をiPodで聞けないものかと考えると、これも簡単にできました。


やはり、ネットで「DVDから音声抽出」のような語で検索をかけると、いろいろなサイトでフリーソフトの紹介とその具体的な方法が紹介されています。
ここでも、個人の学習のためであれば、法的にも問題ないと我が社の法務部ににも確認をしたうえで、わたしもとあるフリーソフトで音声を抽出してみました。
そこで、はじめて映像と字幕と映像が無い、「家有儿女」を聴いてみると呆れるくらい聴き取りませんでした。
しかし、音声だけでドラマを聴いて、話を想像(思い出す)というのも、殊の外面白い作業でした。
そんなわけで、連休は走るときはもちろん、家の中で家事をしたり、トイレに入ったり、猫とじゃれあたったり、じゃれあったり、じゃれあったりしている時も、iPhoneで「家有儿女」聴いてみようと思います。

瞬間中国語作文

しかし、新しいCSLPodのお二人の声には、全く馴染めません!ただの慣れの問題でしょうか?


数ある練習方法の中でも、日本語のすぐ後に中国語を言おうとする瞬間作文の練習は確かに脳に効く感じはします。
では、中国語の場合、その素材をどうするのか。というと、有名な教材では、「瞬訳中国語」や「口が覚える中国語 スピーキング体得トレーニング」などがあり、テキスト収集が趣味のわたしはその両方を持っています。特に瞬訳シリーズは、初級編をボロボロになるほど使ったのですが、正直使いづらいです。いや、これは使い方の問題なのか、とにかくこの準4級から4級水準という単語が頭になかなか入りませんでした。
しかし、逆に初中級や中級を見ると、結構見かける単語や言い回しが多かったりします。この初級編の水準のまま単語の難易度があがる、というのとは少し違う気もします。
そもそも、この瞬訳シリーズは、瞬間作文というコンセプトではなく、言葉の組合せで覚える。ペアの単語帳のようなものかもしれません。
逆に、「口が覚える中国語 スピーキング体得トレーニング」の単語には、難しさを感じることもなく、日本語から中国語への変換という、「瞬訳英作文」のコンセプトに近くは感じます。しかし、ヒントが多すぎるせいか、何か瞬間的に作文をする。という感覚ではないかも?


と思っていたところで、しつこいのですが「ビジュアル中国語・例文ドリルー基本の表現編」は、面白いです。最初はDVDがあるので、家でこれを見て使うものかと思ったのですが、音声だけも取り出せて、寧ろ電車の中や、移動中に日本語の音声の後にすぐ中国語を言う(考える)ようにして使えます。
この特徴は、例文が比較的長いところでしょうか。そして、特に「語順」の章では、最初はシンプルな表現が次第に複雑になっていく過程がとても面白く、ようやく中国語の語順がわかってきたような気がします。また、今までは長い日本語を素早く中国語にすることに、とても苦手意識があったのですが、このかえるらいふのおかげで、長い文章を素早く中国語にすることに燃えてきました。
本当は、長谷川 正時さんのシャドウイングシリーズも、そういう風に使えるはずなのですが、やはり日本語と中国語の音声が別だと、初級者には日本語から中国語の変換が正しいかどうかをすぐに確認できない悲しさがあります。


とりあえず、平日は最大の練習場所である電車の中では、行きの電車で、かえるらいふの「ビジュアル中国語・例文ドリルー基本の表現編」帰りの電車でもかえるらいふの「すぐに使える中国語」(実際には使ったことないけど)を中心として、暗記文の確認やテキストの黙読シャドウイングなど、機械的に電車の区間で切り替えては、練習をしています。
と、瞬訳も、もう使わないわけではないと思うのですが、とりあえず、この「ビジュアル中国語・例文ドリルー基本の表現編」の550例文を先にしあげてみる予定です。
って、結構地道な勉強をしていますが、勉強ではない部分もまた力を入れるようになりました。それはまた、たぶん次回に。

CSLPod

今週から、ようやくCSLPodが再開して嬉しいです。
更新が停まっていた理由に、システムを刷新するので。みたいなニュアンスが書かれていたようですが、何だか過去のレッスンを見るのが逆に探し辛くなっただけのような気がします。しかも、最新のレッスンが日本の会社への面接とは。
6月頃、このCSLPodを初めて使うようになったときは、初級を中心で、少し無理して中級を見たりしていたのですが、わたしの中国語水準はそこから殆ど変わっていないようですが、新しいAdvanced Lessons が再開すれば、今度はそちらも無理して聴き続けるようにしてみます。


今は本当に「かえるらいふ」がお気に入りです。フレーズを覚えることはとても苦手だったのですが、「かえるらいふ」のフレーズは、単純に面白いので、ああ、これは覚えたい。という気にさせてくれます。と言っても笑えてしまような、面白さというのでもなく、たとえば、耳とか手とか、ああそういう使い方なのねええ。と、「ええ」を重ねたくなる面白さです。
比如说:
1.彼は本当に耳が良く、あれだけ小さな音でも聞き取れる。
  他耳朵真尖,那么小的声音都能听到。

2.おじいちゃんは耳が遠いから、大きな声で話さないとだめですよ。
  爷爷耳背,你跟他说话可得大声一点儿。

3.子供たちは耳を立てて、先生が話す物語を聞いている。
  小朋友们都竖起耳朵,听老师讲故事。

というフレーズです。たしかに、「耳」という単語は知っていても、耳が遠いとか耳を立てるとか、耳がよい。っていうペアでこそ、使えるフレーズなのですが、全くこういう使い方をしりませんでした。
また音だけでないので、(とはいえ画面に字がでるだけですが)iPhone では、画面を見つつ、時に止めつつ、電車の中だけで覚えてしまいます。


と、それよりも、一番は今日のレッスンで暗記を完璧にすることが土曜日の午前のわたしの任務です。暗記も95%くらいを100%に上げるあたりが、なかなか難しいです。
ただ、最近は、この「心に残る中国語」の一課だけでなく、「かえるらいふ」だったり、シャドウイングや会話ルート66や他にもいろいろな中国語を完璧な暗記をしようとはせずにも、次第に頭に入ってくるようにはなりました。。かな?
いや、それは、多くのテキストで共通な語句と頻繁に出会うようになっただけかもしれませんが。。