一年間で使ったテキストさんたち



と、写真にすると結構やっているような気がしてきました。
どれも有名なテキストだと思いますが、この中でかなりやりこんだのが、やはり、「漢語口語速成」の基礎編と「説漢語」の上巻でしょうか。301と「漢語口語速成」の入門編は、あまり丁寧にはやっていないかもしれません。しかも、下巻のみで上巻は持ってもいません。本人としては、ラジオ講座で入門的なことは習得できたと思っていたのかもしれません。しかし、今でも、301と漢語口語速成の入門編の、基本文型はよく出来ていると感じます。(マスターしていないとも言えます)
「漢語中級口語教程」は、約半分の第七課までで、テキストを変えることになりました。しかし、この第一課の文章は、わたしも老師も本当に好きです。この一課で作者たちは満足してしまったのかもしれません。


「説漢語」は301の次にやるテキストと紹介されていて、よく中級テキストの扱いになっていますが、実際には301のあとにすぐ始められる初級クラスかもしれません。
「漢語口語速成」のシリーズはテキストとして、文法や語彙の出し方や自然に繰り返すやりかた等、とてもよく出来ています。
「漢語初級口語教程」のテキストは、あまり口語テキストらしくないですが、朗読部分には、エッセイのような文章があるのですが、これが面白いと言えば面白いのですが、単語が容赦ないです。初級なのに、HSKの丁や丁にも入っていない語があったりします。
「初級漢語口語」は、わたしにはこの会話が面白くないのと、これだけ評判で広まっているテキストなのに、かなり誤植も多かったの不思議でした。
しかし、まずテキストを見ずに、CDで聞きとろうとするのですが、この入門編クラスの、初級漢語口語2ですら、聞き取れなかったりします。それは、テキストをみれば、簡単な語彙であるのがわかるのですが、まだ音が意味と結び付かないという問題と、言葉の組み合わせを、まだまだ分かっていないことに気づきます。
また、練習問題が多く、わたしはどのテキストも練習問題も隅から隅までやるのですが、特に「初級漢語口語」は、言い換え問題が好きで、ここにCDの音が無いのが残念でしたが、この文型を今度老師との会話で使いましょう。とたわいもないことを考えてたりして、使っていました。
「301」のテキストは練習問題も音声になっていましたが、やっていた時はしつこさを感じてしまいました。そういえば「新中国語」にも、練習問題まで音声に入っていたのが、偉かったです。やはり、いちばんテキストとして完成されていると思わせてしまう風格があるのは、「新中国語」だったのかもしれません。


そして、これらとは別にまた大学生用のテキストも10冊くらい使ったのですが、それらとこの中国のテキストを3月まで復習して4月からは中級のテキストを使ってみようと思います。
漠然とした復習では、とりとめもなくなるので、3月まではそれなりに、スケジュールを立ててサクサクやっています。また、ankiなどのツールや、ネットで特に声調に特化したゲームのようなツールを見つけたので、これで知っている単語達に声調を合わせてやる作業もしています。
今までは意識していなかった語彙量を正確な声調を意識して増やし、3月までにHSKの約3000を確実に。今年中にHSKの丙2202を足すくらいの語彙量を確認しながら増やしたいです。
ただ、語彙は知っている単語についてはツールなどで、比較的容易に記憶付けができるのでしが、知らない単語はツールで覚えても身に入らないので、やはりテキストが中心です。


この写真の初級テキストには、全て中級テキストがあるので、続きのそちらを使おうと思ったのですが、口語について言えばこの初級クラスの内容が完全に使えられるようになれれば十分だし。。というよりもっと口語ではない文章を読みたいわ。
ということで、何人かの老師が共通して薦めてくれました「発展漢語・中級漢語」「博雅漢語・中級冲刺篇」「橋梁」の三つを使ってみようと思います。
老師とは、「博雅漢語・中級冲刺篇」を一緒に使ってみて、発展漢語と橋梁は、自分でやるようにと仰せられました。
これら中級テキストの共通点は、厚いところでしょうか。
本当はテキストは数少ないものを徹底的にやる方が、効率がいいのかもしれませんが、こればかりは、性分なので、量が質を凌駕することを期待するのみです。

滚瓜烂熟

あしたまでに、課題を暗記できる可能性は、、昨日と変わらず30%くらいかもしれません。
これからの一晩と明日の朝の練習量次第かもしれません。
暗記のこつは、つかめそうで、やはりつかめないようで。。暗記をするには音読。と一般的に言われていますが、わたしは、どうも音読をすると四声や発音にばかり神経が行ってしまいます。
何が何でも、これくらい暗記できないのか、と自分の呆れ加減を抑えたいものです。


また、10月になって、あと3カ月で中国語学習をして1年になってしまいます。
いろいろと違う教材にも手を出したいのですが、もう何度繰り返したかわからない、初級からのシャドウイング「中国語短文会話600」「瞬訳初級」「会話ルート66」は、あと3カ月も繰り返してみます。
シャドウイングも、通訳メソッドを利用した中国語「中国語短文会話800」に換えたかったし、瞬訳も初級から「瞬訳初中級」にあげたかったのですが、これが最後とあと三か月続けます。
そして、あれほど嫌いだった単語集も、先日古本屋で購入した中にいくつもあったので、まず「これなら覚えられる!中国語単語帳」というものをチェックしてみたりしました。これは、例文を音読してくれるので、覚えやすいのかもしれません。というか、この単語集で単語を覚えるというよりも、なんとなく知っている単語をしっかり定着させて、音で反応できるようにしたいです。
1500語というのに、とても薄くて小さいので、通勤電車で使うことにしました。


あと、ラジオ講座の応用編は、水野さんの声の若さには驚いたのですが、やはり映画をラジオで再現するのは難しいような。「初恋の想い出」は、映画館では見たのですが、もう一度DVDを借りてこようと思います。


なにはともあれ、今晩は「愚公移山」の夜にします。

从此测房们进入,由彼测房们离去

内容の面白さは、間違いなくこの「家有儿女」ですが、テキストは、豪華すぎでは?
と、いろいろな意味で中国っぽくないテキストです。
当面は、DVDを見ながら役者になりきります。この夫婦の演技は、本当に国際級です。




これが、内容にケチばかりつけた北京大学の500字水準のテキストです。これの、1000字、2000字水準が出れば、また買ってしまうかも?
とりあえず、大量に中国語を読めるようになりました。




これは、「漢語初級口語教程」の下巻の最後の文章です。全体がこんな感じで。文法の解説はあまりありません。練習問題も、内容理解をして、おそらくそれを口語で答えることを練習とさせているのかもしれません。テキストというより、こちらも比較的簡単な中国語の物語を読む。という感じは好きでした。




これが、「中国語がわかるリスニング」これをはたしてテキストと言えるのかわかりません。解説はほとんどなくて、中文と和訳と、いくつかの単語の意味が載っているだけです。



今日は休日なので、久々にラジオ講座を朝と昼の2回聞きました。


音読をして、暗記をしたい。まだできていないけどね。という李白漢詩はこれです。


早发白帝城 李白

朝 辞 白 帝  彩 云 间
千 里 江 陵  一 日 还
两 岸 猿 声  啼 不 住
轻 舟 已 过  万 重 山


唐代七語絶句の最高傑作だとのこと。李白の生涯のことは殆ど知りませんでした。彼が罪から貴州に流されるところで恩赦にあい、また白帝城から長江を引き返すときの詩。
李白は、成語の「只要功夫身 铁杵磨成针」をテキストで知ったときに、こんな出来すぎた話に李白が出るのか。と驚いたり、「中国語がわかるリスニング」で李白杜甫がで会っていたことを知ったり。
と、テキストを読んでいるだけでも、次第にいろいろなことが繋がってきます。

命云是奈何不得的

休日の前日というのは、たいてい帰りが遅くなってしまうのですが、それでも、明日は一日中、中国語に接することができる。
と、考えると帰りの電車も、遅い夕食や後片付けも、少しだけうわっついた気持ちになれます。


明日の予定は、いつものように、「家有儿女」和「ゆっくりだから聞きとれる!中国語がわかるリスニング」や、「漢語初級口語教程」や「漢語口語速成」や、いくつか半年間ずっとやっていたテキストも、そろそろ終わらせようと思います。
あと、発売されたラジオ講座「まいにち中国語」では、また発音も練習をしますが、水野衛子さんの「映画で身につく!応用会話」がとても楽しみです。

あと、漢詩は、いったい何から暗記をしようか。
そうだ、李白の「早发白帝城」にしよう。そうしよう。そうしよう。などと、そんなことで楽しめる人にわたしはなれました。

ラジオ講座にも物語を


外国語の学習にはラジオ講座がいいとはいいますが、学習しはじめたときには、すでに途中だったので、これもオークションで2008年度のテキストとCDを安く買いました。
ラインひきや、メモ書きがある。という条件だったのですが、今までヤフオクで購入した、書き込み有りのテキストは、どれも的確な箇所にラインが引かれていて、文字も「それなりに」見やすく、却って、その前の人から要点を教えて貰っている気分にもなれて、わたしは書き込みテキスト大好き派です。


で、その書き込みがかなり入り、見た目も使い込んでいるな感がある2008年度版ラジオ講座のテキストは、半年分の入門編と、半年分の応用編があるのですが、今もって応用編は使っていません。
この入門編は4月号の第一回分から、一回分を何度も繰り返してかなりやりこみました。5月号から物語になるので、その会話部分を何度も音読しました。特にGWは、文字通り「朝から夜まで」5月号から9月号までの会話文だけを音読したので、内容がすっかり頭に入ってしまいました。
久しぶりに、この2008年度の入門編の会話を通して聞きました。通して聞いても約15分足らずであることに気づきましたが、今になってこの内容を見ると、中国で作られた各基礎編のテキストと同水準の内容で、基礎編で使われる様々なフレーズが、てんこ盛りであることにも気づきました。
テキストを見ずに久々に聴いてみたところ、およそ90%は、理解できているのですが、所々、聴き取れない箇所があります。テキストを見返すと、さすがに殆どその意味が理解できたのですが、ひとつ、「巴不得」だけが、テキストを見ても、すぐに意味がとれませんでした。
前後から意味を推察できてしまったのですが、要は、この語句は他のテキストで見かけなかったためで、他の言葉は、殆ど他のテキストに出現していたのでしょう。5月から3ヶ月間で確かに量だけは相当読み込んだので、入門編のテキストに出てくる語句は、殆ど既知ものとなっていたのですが、では入門編の内容を完全に聞き取れるようになったか。というと、それはまだまだ入門をクリアしていない状況です。
その聴き取れない10%を完全に聴き取れるようにするのと、聴き取れても、まだ自分の物にしていいない語法なども、テキスト全体をさらに音読して、ギュウっと体に押し込めたいです。
たとえば、テキストにも印があって、わたしも最初に聴いたときに全く何を言っているのかわからなくて、今回聞き返したときも、同じように聴き取れなかったのは、こんなフレーズでした。

「我就不跟着传了,在这儿抽技烟」

入門編とはいえ、この部分を特に速く一気に話されるので、まったく聴き取れませんでした。
奇妙な話、内容をだいたい覚えているので、ここで彼が一人でたばこを吸って待っている。という映像を後から思い出せたのですが、どうしてもこの言葉が頭に浮かびませんでした。
特に「不跟着」というフレーズは、字を見てもすぐに反応ができないので、問題は話されるスピードだけではないのかもしれません。
今すぐに聞き直すと、また内容を覚えてしまっていて、それを聴き取れたと勘違いしてしまうので、一ヶ月後あたりに、また自分でチェックをしたいです。
しかし、たった15分で、入門から基礎の一通りの内容を復習できるという、これは大変お得なテキストだと思います。


また、今のラジオ講座は4月号だけテキストとCDを買ってきちんと聴き、リアルタイムでも聞き、再放送でもさらに聞き返していたのですが、5月号はテキストだけになって、それでも殆どの放送をリアルタイムで聴くようにしていました。
それが、6月辺りからあまり放送を聴けなくなって、さらに日曜日の再放送も聴けなくなり、7月、8月分については、テキストは買っているのですが、放送を聴いているのは1/3くらいかもしれません。朝も夜も通勤時間になっているということも理由のひとつですが、本音は、いまひとつ内容に面白さを感じられないからかもしれません。
他の年度のテレビ、ラジオの中国語講座がどうなのかは、わからないのですが、内容が繋がった物語にしてくれると、「やる気」が出るのにイ。と考えてしまうのは贅沢な要求なのでしょうか。
実際に音読をし、内容を暗記するくらい繰り返したいときに、わたしは意味が繋がらない単文の文章は暗記をしようとは思いません。というか頭に入らないです。
文章が長くなればなるほど、完全ではないにしろ、そのフレーズは、全体の中の流れとして記憶しやすくなります。
調べてみると、以前にはラジオ講座で「金庸」の作品が課題になっていることがわかって、ヤフオクにも該当テキストが売られていたのですが、何故かあまりにも高価であったため、諦めました。
ただテレビ講座で、ドラマ仕立てであったシリーズがDVDとテキストになっていることを知ったので、こちらもしつこくヤフオクで手にしました。
しかし、ドラマでないと、やる気が起きないというのも、へんな話ですが、日本語でも英語でも、やはり一文や一語を暗記するのは、円周率の暗記のような力業となってしまうので、わたしには、作者の心をのぞき込めるような物語を読むのがわたしには、吸収度とか理解度が、かなり違うような気がします。
というわけで、ひととおり、2008年度ラジオ講座入門編も100冊プロジェクトの一冊に入れてしまうのでした。

わたしが中国語の学習で最初にやったことたち

などと書きつつ、今こそ入門期なのですが、そのとっかかりとしてよく読んだ本のことを書きます。
まず、恥ずかしいくらい、いろいろな本を集めるのが好きなわたしは、入門編として発音本をたくさん買い、発音の単音の練習を繰り返しました。
今でも、これは続けていますが、なぜかわたしにはこういう練習というか、単調なトレーニングが好きでまったく飽きません。
発音については、初心者なりに感じていることを、またあとで詳しく書こうと思います。

この時期にも、大学1年生が使う入門用のテキストを漁ってたくさん読んだのですが、正直あまり面白いものはありませんでした。発音練習には面白さを求めないのですが、小説好きなわたしは、何か入門者にも、その内容が面白いテキストがあればいいのにい。と思っていたのですが、探す方にエネルギーを使ってはもったいないので、ヤフオクで大量に漁ったテキストたちから、特に気に入ったのが、


くりかえして、覚える!はじめての中国語学習帳

とっさの中国語


でした。はじめての中国語は一日でテキストの2/3くらいを読んでしまったのですが、何故か知らないことが、頭に入りやすいです。そして、何故か残りの1/3あたりから急に難しくなり、今でも、ちょっと手強く感じるのですが、盧思さんと陳淑梅の声がとても心地よいです。
さらに、そのお二人が出演される、「とっさの中国語」も楽しかったです。DVDなので、とりあえず。土日で全部見て、なんとなく中国語がわかった気になりました。今でも放送されているテレビを見るよりDVDの方が使いやすいのかと思ったのですが、繰り返し練習にはDVDは向いていないように感じました。
今でも耳に残っているのは、盧思さんと谷原さんの日本語でのやりとりだったりします。

語学の学習では、よくテキストの一冊を極めろ。みたいなことを詠っていますが、ただ自分の適当な英語学習を鑑みるに、一番効果的だと感じたのは「多読」だったので、中国語が全くわからないなりに、わたしは入門用の教科書を、とにかく何冊も読みました。
そこから、またヤフオクで買った2008年度版の入門用のラジオ講座もひととおり続けたのですが、これが、わたしには一番のお気に入りでした。それは一応、半年間の流れで物語があったからかもしれません。
たいていのテキストは、面白みのない会話が、一課にあるだけで。また何の繋がりもない会話の繰り返しと、また何の関係もない単文による文法の説明で構成されています。


このラジオ講座のテキストは、上手に(あるいは強引に)入門用の文法が一通り織り込まれて、それでいて主人公の美紀が中国に来てからの生活が綴られています。とはいえ、最初はこれもありきたりの会話が繰り返されるだけだと感じていたのですが、最後の9月号になって、はじめて主人公の顔が見えるような主張があって、わたしはきちんと終わっていないように感じるラストも含めてこのテキストが好きになりました。今もアンコール中国語で放送されているので、いつかCDでない生の放送を聞きたいのですが、「ラジオ番組の録音」という作業がわたしには敷居が高いです。


そして、5月の連休には、9月号の巻末には全てのスキットがまとめられているので、そこだけを何度も繰り返して音読をしました。内容が頭に入っているので、耳から入る中国語が聴き取れている気になるのですが。よくよく考えると、この物語の流れを知っている。という働きで、脳にある日本語を入ってくる中国語にあてはめる作業をしてしまっていたようです。
と、うまく説明できていないかもしれませんが、何度も聞いたり読んだりした物語は、概略を理解してしまっているので、そこを頼ると、中国語の細部が聴き取れているのか、理解できているのかを、確認せずに聞き流してしまうのです。そして、CDと一緒に音読をしても、なんとなく音として繰り返すことも出来てしまうのです。


そこで、中国語の音を一文で止めてから、テキストを見ないで音読をする。という単純なことをすると、どうしてもあやふやなところで、とまってしまい、自分の理解度の確認ができます。
これは、たしかに面倒なのですが、わたしはシャドウイングの意味を理解していないのかもしれませんが、CDから少し遅れるだけでCDの音と一緒に読み上げるシャドウイングより、よほど難易度が高く、自分の欠点の確認にも最適な練習方法になっています。
今朝は、いつもの瞬訳でなくて、このラジオ講座の9月号を鞄に入れて電車の中で聞きました。かなり集中して中国語を聞こうとすると(知っている物語で中国を推測しない)やはり、「?」と思うところが、5月の連休でも感じていたところでした。しかし、そのうちの何割かは聴き取ることができたので、僅かな進歩はもちろんあったのですが、まだまだ入門用のテキストが聴き取れない。という自分のレベルをまた思い知らされました。
この物語は、中国語の子供のために何かしたい。という美紀さんと、わたしはマンションを買うためにお金をためたい。という友人の会話の後に、次の言葉でプツンと終わります。


没问你现在,我问你的理想是什么?


やはり入門用中国語のテキストとしては、とても良くできていると思います。一ヶ月に何回かは、暫く聞きかえしたいスキットです。