iPodで聴く「家有儿女」

ゴールデンウィークは、いろいろと用事があったり、出社しなければいけなかったりで、昨年のように中国漬けにはできないのですが、それでも、中国語中心の計画を立てて、自分を盛り上げました。
まず出社する日もしない日も、毎朝10〜20Kは走ることにして、いろいろなところを引き締めて、夏に向けて、また走ることも日課に入れたいです。
出かける用事がない日のわたしの一日は、走る、猫、中国語、ご飯、寝る。と、それだけしかありません。
また、この期間に中国語のテキストを何冊か読み終えたいです。
去年は半年で大学1年用テキスト、後半の半年で大学2年用のテキストとしたつもりだったのですが、やはり大学2年生用のテキストは、5,6冊を読み終えたものの、なかなか消化出来ませんでした。
そして、ようやく一年経って、まさしく2年生気分で教科書を見ると、ようやく、消化できそうに感じてきました。単に何度も読んだからかもしれませんが。。
ちなみに、去年の今頃はヤフオクで大量の大学生用教科書を見つけて、安く買えたのですが、今年は、同じ種類の教科書は全く見つけられませんでした。
中国語教科書の寿命は短いのか、関係者にヤフオクに教科書を転売することの禁止令でも出たのかしらと慮ってしまいます。
あと、右の教材欄に書いたままの、「かえるらいふ」と「会話ルート66」も、いいかげん終わらせたいです。どちらもいいテキストだと思います。思いますが、テキストの目的が暗唱させる、というところにあるようだと、何十回読んでもなかなか暗唱できない。終わった気にならない。という、どこまでやればいいのか感で、敗北感すら味わってしまいます。
あと、中国の小学生用教科書も終わらせたいし、暗唱した「心に残る中国語」も定着化したいし、中国語映画もみたいし。「家有儿女」も2に進みたい。などなど野望はいろいろ詰め込みました。



「家有儿女」は、家族ドラマなので、初見でも、聴き取り力と全く関係なく、なんとなくそこで演じられている内容を察することができてしまいます。たとえスワヒリ語でも、ある程度は理解できてしまいそうなのですが、それはそれで、言語学習に必要な能力なのかもしれませんが、純粋中国語学習とは方向性が違う気もします
また、一度丁寧にスクリプトを読んだ話だと、さらに内容が掴めてしまい、単語も結構聴き取れてしまうのですが、これも先に中国語で内容を理解しているのは、自力で聴き取ろうという力が養えないような気がします。
日本人の中国語学習はテレビよりラジオの方がいいと、かの加藤嘉一さんも力説していますが、「家有儿女」をiPodで聞けないものかと考えると、これも簡単にできました。


やはり、ネットで「DVDから音声抽出」のような語で検索をかけると、いろいろなサイトでフリーソフトの紹介とその具体的な方法が紹介されています。
ここでも、個人の学習のためであれば、法的にも問題ないと我が社の法務部ににも確認をしたうえで、わたしもとあるフリーソフトで音声を抽出してみました。
そこで、はじめて映像と字幕と映像が無い、「家有儿女」を聴いてみると呆れるくらい聴き取りませんでした。
しかし、音声だけでドラマを聴いて、話を想像(思い出す)というのも、殊の外面白い作業でした。
そんなわけで、連休は走るときはもちろん、家の中で家事をしたり、トイレに入ったり、猫とじゃれあたったり、じゃれあったり、じゃれあったりしている時も、iPhoneで「家有儿女」聴いてみようと思います。

中国語は長いほど覚えやすい


わたしにとっては、特に日本語の漢字と類似していない漢字は、単語帳などで見ても殆ど覚えられません。わたしがよく使っているけど、もう挫折しそうな「瞬訳中国語初級編」は、短い単語の組合せですが、それもまた、短すぎて、フレーズとかセンテンスの羅列はなかなか頭に入りません。
さらに、単語帳によっては、例文があって、例文として覚えられるようになっていますが、それもまた、なかなか頭に入りません。
と、自分の記憶力の悪さを棚に上げて、頭に入らなさぶりの言い訳を言うと、この例文が面白くないから。などと言わせていただきます。


そこで、さらに長くなる口語体のテキストも、語られていることが、わたしの脳にひっかかりがあるような印象的なシーンが展開されない限り、なかなか記憶に入ってくれません。
その、口語体のテキストよりは、さらに長文のエッセイだったり、成語の説明だったりする方が、何故か文章語と記憶しやすくなります。ただ、これも全体の物語をイメージしやすくなって、流れを覚えてしまっているので、そこを聴き取れていると勘違いしているのかもしれません。
さらにさらに、面白いドラマであると、細かな言い回しまで頭に入ります。と、それは集中力の差なのかもしれませんが、いまはいっそ、中国語学習の全てをドラマにしようかしら。と考えているくらいです。
が、いかんせん、ドラマもテキストがないと、なかなか内容を把握できないという中国語レベルの低さです。


そこで、単語や、例文よりも長く、テキストより短い。という、なかなかの按配の量なのが、「中国語会話ルート66」と「中国語短文会話」というテキストですが、「ルート66」は、今になって思うに、本当に様々なテキストに出てくる言い回しがよく使われていて、いいテキストだと思います。が、これもまた内容が全く面白くありません。
そして、自分でもあきれるくらいシャドウイングをしている「初級からのシャドウイング 中国語短文会話600」は、使い方が悪いのか、自分でもシャドウイングの効果はよくわからないのですが、微妙に内容が面白いです。
また、日本語の読みあげが別CDになっているのですが、その日本語の言い回しも、聞いて楽しいです 。と、そんなところを楽しんでも仕方ないのですが。まあとにかく、瞬訳と同じように、あまり他のテキストでは見かけない名詞が多かったりもしますが、もうちょっと本気で単語を覚えながらシャドウイングをしようと思います。また、いくつかの短文は一気に発するそのスピードについていけなくなります。

たとえば、今日読んで手強さを感じた会話は、こんな風です


快拿杀虫剂来!
蟑螂跑哪儿去了?
钻进电冰箱底下去了。
跑的真快。

すてきな日本語で
「冷蔵庫の下!」
と叫ぶ部分が
また、一気に読まれて最初は聴き取りすらできない。というか、完全に言えるようになっても、まだまだ聴き取れないのが
「钻进电冰箱底下去了!」
ですが、これを瞬間的なスピードの中に音符があるかのように高低をつけて一気に読み上げられます。
で、最後の「なんとかしてやっつけよう」
が、
想个办法除掉它!
で、「除掉」が始末するとか、根絶やしにするという意味であることを強烈に覚えさせられます。

滚瓜烂熟

あしたまでに、課題を暗記できる可能性は、、昨日と変わらず30%くらいかもしれません。
これからの一晩と明日の朝の練習量次第かもしれません。
暗記のこつは、つかめそうで、やはりつかめないようで。。暗記をするには音読。と一般的に言われていますが、わたしは、どうも音読をすると四声や発音にばかり神経が行ってしまいます。
何が何でも、これくらい暗記できないのか、と自分の呆れ加減を抑えたいものです。


また、10月になって、あと3カ月で中国語学習をして1年になってしまいます。
いろいろと違う教材にも手を出したいのですが、もう何度繰り返したかわからない、初級からのシャドウイング「中国語短文会話600」「瞬訳初級」「会話ルート66」は、あと3カ月も繰り返してみます。
シャドウイングも、通訳メソッドを利用した中国語「中国語短文会話800」に換えたかったし、瞬訳も初級から「瞬訳初中級」にあげたかったのですが、これが最後とあと三か月続けます。
そして、あれほど嫌いだった単語集も、先日古本屋で購入した中にいくつもあったので、まず「これなら覚えられる!中国語単語帳」というものをチェックしてみたりしました。これは、例文を音読してくれるので、覚えやすいのかもしれません。というか、この単語集で単語を覚えるというよりも、なんとなく知っている単語をしっかり定着させて、音で反応できるようにしたいです。
1500語というのに、とても薄くて小さいので、通勤電車で使うことにしました。


あと、ラジオ講座の応用編は、水野さんの声の若さには驚いたのですが、やはり映画をラジオで再現するのは難しいような。「初恋の想い出」は、映画館では見たのですが、もう一度DVDを借りてこようと思います。


なにはともあれ、今晩は「愚公移山」の夜にします。

「家有儿女」の授業


週末は、ずっと中国語を読み聞きしていました。
やったことの中心は、実は「家有儿女」でした。いったい、何話まで見たのか。というと、まだ一話も見終わっていません。
この、20数分のドラマをいったい何時間かけて学習しているのかと、我ながら驚きます。
まず、ネットでこのテキストを使って授業をしてもらったのですが、これがなかなか。
台詞が聴き取れない。というのではなく、テキストが難しいというのではなく、もう老師の話が聞き取れません。
なにやっているのか。っていう話ですが、日本語もわかる老師なのですが、こちらも、「もう一度言ってください」をあまりに何度も繰り返すは、いや、この「请在说一遍」の声調が違うと、これまた修正されてしまうレベルなので、なかなか進みません。
一時間の殆どを台詞の音読です。また台詞の意味がわからない所を解説していただいたのですが、それでもいまひとつ理解できていなかったり、考えてしまうと、沈黙が続いてしまいます。
自分でも、どこがわからないのか整理していなかったので、なかなか授業の進め方もわからない緊張のまま、第1回の授業が終わりました。
このテキストは、一話を六課に分けているので、一週間に一課だと、一話を終わらすのに、一ヶ月半。一冊のテキストが4話なので、なんと、たった4話終わらすのに、半年。このテキストを三冊もっているので、三冊の12話が終わるのに1年半ですね。
それは、あまりにもあまりだ。という気がして、もう少し自分の「家有儿女」の水準を上げようと、とりあえずドラマを聴き取るよりも、ドラマの台詞を音読し、不明点を調べ、練習問題をやりました。
しかし、内容が面白いので、他のテキストをやるより抵抗感がなく、また初見では難しいと思った言い回しや単語も練習問題までやると、すんなりと頭に入ります。
ただただ、ネットの授業の老師に迷惑をかけまい。という小心者のきまじめさから、準備を重ね、週末に4回の授業をお願いして、1話の4課。2/3まで終わったところです。
それでも、授業中の老師が話す中国語は1/3くらいしか、理解できていないのは内緒です。
しかも、「内容をまとめて」とか、内容の解説とか、この台詞をどう思うか?という質問には、心の中で「えー!」と叫んだ後で、PCの辞書を使いながら「少しわがままです」とか「わたしは上海蟹は食べたことがありません」とか、しょうもない答えを必死で返しています。


寿命が3ヶ月くらい縮んだ気がする「家有儿女」の授業でしたが、老師にも、わたしが、かなりイッパイイッパイであることを気づかれて、このテキストが難しければ、替えてもいいですよ。みたいなことを言われてしまいましたが、もう意地でも第一話は今週中に終わらせます。気合いが続けば、一冊の4話分まで来月には辿り着きたいところですが。。
しかし、このままのペースだと、一話で6時間のレッスン。4話だと24回のレッスン。いったい「家有儿女」に、どれだけお金を使うのか。と自分でも不思議ですが、もう暫く授業は続けてみようと思います。
内容は本当に面白いのですが、個人的なツボは、息子二人が、娘を歓迎する节目をするのを見て、刘梅役の女優が芝居でなくおそらく本気で吹いている瞬間でしょうか。あと、子役達の芝居は、あまり上手くないのですが、あの子役的な「芝居」ぶりもまた、見ていて楽しいです。


と、週末の中国語はそれだけでもなく、「漢語口語初級教程」もコツコツ進めました。上と下を一緒に進めているのですが、順調に行けば10月には終わりそうです。
「漢語口語速成」も相変わらず繰り返しています。この基礎編は、課によっては数百回の音読をしていますが、今年いっぱい何度も繰り返して定着させたいです。また、「提高偏」も、進めているのですが、これも少しずつ進めて、また来年の夏かGWに集中して復習をしたいです。
「初級からのシャドウイング」と「会話ルート66」と「瞬訳初級」も、飽きるほどやり続けて、精神的には結構飽きてきてしまっているので、もうどこまで続けるの?と、特に「初級からのシャドウイング」と「瞬訳初級」は、すでに一回り終わっていて続編もあることだし、10月には卒業するようにスケジュールを組みました。
「会話ルート66」は、今までは、なかなか単語が頭に入らなかったのですが、他のテキストを進ませることで、かなりの単語が既知のものとなり、音読をしやすくなりました。これは、内容がいまひとつ面白くない。という理由で、やはり9月か10月には終わらせて卒業させいたです。
「中国語がわかるリスニング 」は、今一番のお気に入りの内容です。全16話のうち、6話まで終わりました。怪談の話や桃源郷の話も面白い。わたしが持っているテキストでは、やはり一番難易度が高い文章なのは間違い無いのですが、内容が面白いので、先へ先へ進みます。
これも、全16話なので、9月には一旦終わりそうですが、年内中、何度も繰り返して、テキストを見ずに聞いて内容がわかる。ところまで聞き込みたいです。
「聴く中国語」は、とても面白いです。テキストが中国語を学ぶ。という方向だけでなく、現代中国の状況を知らせる。という方向に向いているかのような様々な話題や、個人的な記事も面白いです。ただ、月刊誌はなかなか手強いのですが、一ヶ月に一冊、もしくはバックナンバーも入れて2冊くらいは読み終わらせたいです。
「生活中国語」も、コツコツ進めています、もう少しで一通り終わるのですが、如何せん内容が古すぎます。日本のストで全ての電車が止まるとか、また作者の考えも、少し奇妙に感じる点が多いのですが、そこの違和感に、また少し惹かれたり。。これも、9月には一通り最初からやり直して終わらせたいです。
「説漢語」は、今は近所の中国語先生との発音素材ともなっているのですが、上巻を暗記目的で使っているときは、単語や語法を覚えるのに役立ったのですが、下巻に入ると、中国語で発言したり意見を伝えるのに有効的なように感じます。
これも今年中まで続けて、下巻も暗記を終わらせたいところです。


と、いろいろ書きましたが、いつのまにか、面白い教材を使いたい。という方向に向かっているのですが、これはもう学習をしているというより、本当に中国語を使えているという感覚になってきました。
ただ、あまりにもわたしは中国語を書いていないので、書けない漢字が多いです。音読だけでなく、暗記の最終段階とまとめとしても、中国語をきれいに書く。という習慣も身につけたいです。
という中国語欲望でぎらぎらしているこの頃です。

いつも気づくのが遅い

ようやく気づいたのですが、「漢語口語速成」の今練習をしている19課20課の会話速度は、最初の課あたりのスピードに比べると、いつのまにか微妙に速くなっています。その、「いつのまにか感」が上手く作られているところでしょうか。


同じテキストを時間をかけてやっていると、性格からか、もっと違うテキストや、もっと大量の中国語に触れたくなります。
実際にひとつのテキストに出てきた表現を違うテキストで見つけると、だいたい定着する気もします。中国語会話ルート66は、短文の会話であまり面白味のない内容なのですが、無理に?大学2年生的な表現が盛り込まれている気もします。
その新しく出会った表現が、漢語口語速成や他のテキストに、早いうちに出会うと定着もしやすいのですが、そうでないと、前のページを開くたびに、すでにかなりを忘れている自分に驚かされます。
悔しいので、今日学習して、なかなか頭に入らない表現を書いてみます。
直爽。平易近人。有人缘儿。得罪。记得是。细致。
大大咧咧。总的来讲。自私自利。漠不关心。说不清。各有所长。
漢字を見れば、なんとなく推測できてしまう言葉ですが、やはり音からだと全く聞き取れません。半年後にこの日の日記を見て、こんな字が聞き取れなかったのか。と思える自分になっていたいものです。


20日は、「漢語口語速成」の19課と20課。「会話ルート66」は1時間。で合計9時間の練習時間。おそらく、このままいけば、とりあえず、漢語口語速成は、終わりそうです。今は、早く終わらせたい欲がとても強いです。

挫折している時間すらない


ようやく、この「はてな」で、過去の日記の書き方がわかったので、今日は20日ですが、19日の記録を書いてみます。
17課と18課を4時間ずつの8時間。
さらいに初級からのシャドウイング30分と会話ルート66は1時間。
合計9時間30分の練習時間でした。


その殆どが黙々と音読をしているのですが、必ずしも、きちんと出ているわけではありません。特にテキストを使った音読で、CDの音を止めて、そのリピートをするのは、わたしにはかなり難しいです。それが出来ない個所こそ、重要な言い回しだったり、少し複雑な構文だったりするのですが、やはり記憶力が悪いのか、聞き取れていたつもりの文章も、文が終わって、自分が発音しようすると、文章を頭の中で組み立てられないのです。


「なんて、自分の頭はスカスカなのだろう」と何度も床を向いてはため息をついて、浮き上がってしまうくらいなのですが、「初級からのシャドウイング」の解説にこんな文章がありました。


「リピートは初級の段階ではあまりおすすめしません。今の段階でリピート練習をすると、反応するというより、思考してしまいます。(以下かなり納得する説明も省略)
それに比べてシャドウイングは短時間で音が耳に残っている間に行えますから慣れてしまえばシンプルに練習できます(後も省略)何も考えずに聞えてきた音を追いかけていけばよいわけです。考えるのではなく、反応するのがシャドウイングです。」


たいていの語学学習書には、シャドウイングが難しい練習方法とありますが、やってみれば、理解している文章をシャドウイングすることは、かなり簡単です。
どちらが効果があるとか、それを検証することはわたしには出来ませんが、負荷感がなく練習できるのは、間違いなくシャドウイングです。
とはいえ。とはいえ、いままでどおり、「なんて自分はだめなのかしら」と、何度もうつむきながら、この「漢語口語速成」のテキストでは、リピートの練習をメインに続けてみます。決めたことだから。

边学边忘

時間はかけているのですが、なかなか思うようには、身につけられません。
7月16日の学習時間は6時間で、ただ「漢語口語速成」の11課、12課の音読をしました。


せっかく休みを2週間もとり、約半分が経ってしまったのですが、何かイマイチ感があります。この、何がわたしをして、いまひとつなのか。それなりに考えました。


今はメインにピンインなしのテキスト「汉语口语速成」を使っているのですが、特に声調記号がついていないので、とても不安になってしまい、いちいち調べてしまいます。たぶんよくないのかもしれませんが、声調記号をテキストに書いてしまいます。
もちろん、簡単な漢字にまではふらないのですが、この「声調に自信の無い漢字たち」がなかなか減りません。前は、「声調は大丈夫な漢字たち」に入っていた漢字も、またすぐに「自信の無い漢字たち」へと格落ちしてしまいます。
本当に声調が覚えられません。よく声調は記号ではなく体で覚えるとかいう文も目にしますが、わたしには全くだめです。とはいっても、声調つきのピンインと漢字を書いてまで覚えようという気にはならないので。。と、そういえば、漢字もピンインも殆ど書かずに、半年たってしまいましたよ!こんなことでいいのでしょうか。
「説漢語」の声調記号入りテキストの優しさが身にしみます。
しかし、この2週間のテキスト一冊攻略週間で、「説漢語」を選ばなかったのは、まさしくそのテキストに声調が書いてあると、その声調の通りに読めるのですが、記号がない漢字を読めるようにしたい。という目的もあったというのに、こんなに声調を振ってはいけません。
と、咳,埋怨也没用!


と、朝に書いてから、今日も終わる時間ですが、今日は、「汉语口语速成」を13課、14課を4時間ずつ8時間。と、「中国語会話ルート66」を1時間。「初級からのシャドウイング」も30分できました。9時間30分。
真让人心情舒畅!