SKYPEで中国語

今は気軽に中国のネイティブの方に中国語を教われる、ネットの教室をいろいろ見かけます。新しもの好きなわたしも、去年から結構利用をしました。
最初は、数千円で一ヶ月毎日利用し放題という定額制のようなコースに申し込みました。
日本で個人レッスンの2時間分程度の料金で一ヶ月です。根っからの貧乏性なので、毎日使うほどお得ね!
ということで、毎晩11時からはあたりまえで、12時、1時過ぎのレッスンも何度もお願いしました。ありがとう一時間の時間差。
しかし、自己紹介が終わると、そもそもわたしには話すべきことが無いことにも気づきました。中国の方のテンションが高いほど、ついて行けずに次第に引いてしまうわたしでした。
また自由会話ができるほどの語彙力が無く、聴き取りの能力も無い人間が、それほど愉快に日本語を話せないネイティブの方とうまくコミュニケーションが取れるはずもありません。相手が英語を話せてしまうと、時には英語で話すことの方が多くなって、今自分は何をしていたのかしら?状態に陥ったこともあります。
また、日本語を話せる先生もいるのですが、そうすると日本語比率が高くなるだけでした。


そもそも初心者が自由会話をすることが間違えているのだと気づき、発音専門のテキストを使って発音のレッスンもお願いしました。ただ、短音や単語だけでの母音、子音、四声だけだと、まさしく簡単な発音テキストの概要説明と発音チェックだけなので、不错,不错で終わってしまい。問題を感じてくれないことに不満を覚えました。
発音専門のテキストも量が多いので、何人も先生を変えてお願いしたのですが、やはり日本人に発音を教えることを専門に学んでいないと難しいことのようでした。
中には日本で何年も働き、日本人に中国語を教えたことがあるという方もいましたが、やはり満足のいく発音法を教えていただくところにはいたりませんでした。


中国のネットでの老師は、いろいろな経歴の方がいますが、おそらく中心は大学の日本語学校を卒業したばかりの20代前半で、昼間は普通の仕事をしている女性が中心だと思います。
顔写真や経歴をみて、老師を選べられるので、日本で通訳をしていたり、日本の大学で教えた経験もある。という方にお願いをしてもらったこともあるのですが、決してその方達の日本語での中国語説明能力が高いとは思いませんでした。
わたしにとっては、単語や文法の説明を日本語でしていただかなくても、それなら日本語の解説を自分で読んだ方が早いとも思いました。
日本語への置き換えの難しい箇所を聞こうとしたり、補語のニュアンスを説明してもらおうと思っても、双方の説明能力が高くないため、あまり上手くはできませんでした。
しかし、中国へ留学をするとしたら、同じように日本語説明のない授業だけで、中国語能力を上げていくのだから。。と、ネットのレッスンで高い日本語の説明能力を求めるのは諦めました。


と、そんな多くのネイティブ老師にレッスンをお願いしていた中で、大学を出たばかりの女性で、全く日本人としか思えない日本語の発音をされる先生を見つけられましたのですが。。
と、ちょっとその先生の奇妙なレッスン風景を書きたいのですが、とても長くなりそうなので、たぶん次回に。。


ただ、いきなりの結論として、実は地震の日もSKYPEでのレッスンがあったのですが、それを中止してもらい、それから一ヶ月経って、ようやく先日SKYPEでのレッスンも再開しました。
あれほど、中国語で話すのが苦手なわたしだったのですが、地震の有り様や近況など、有ること無いことを、手振り身振りを入れて説明しようとしている自分がいました。
細かな点で不具合を感じながらも、中国語だけで相手の話を聞くことや、何かを伝えようとすることに、恐れたりすることが無くなっただけでも、SKYPEでのレッスンを続けた意味があったのかと思います。
こちらの老師とは、初級口語テキストがあと一回で終わり、次回からは「家有儿女」の二冊目のテキストを使ったレッスンの予定です。
「家有儿女」も2になるので、もう少し登場人物達になりきった演技力を身につけたいものです。

一年間で使ったテキストさんたち



と、写真にすると結構やっているような気がしてきました。
どれも有名なテキストだと思いますが、この中でかなりやりこんだのが、やはり、「漢語口語速成」の基礎編と「説漢語」の上巻でしょうか。301と「漢語口語速成」の入門編は、あまり丁寧にはやっていないかもしれません。しかも、下巻のみで上巻は持ってもいません。本人としては、ラジオ講座で入門的なことは習得できたと思っていたのかもしれません。しかし、今でも、301と漢語口語速成の入門編の、基本文型はよく出来ていると感じます。(マスターしていないとも言えます)
「漢語中級口語教程」は、約半分の第七課までで、テキストを変えることになりました。しかし、この第一課の文章は、わたしも老師も本当に好きです。この一課で作者たちは満足してしまったのかもしれません。


「説漢語」は301の次にやるテキストと紹介されていて、よく中級テキストの扱いになっていますが、実際には301のあとにすぐ始められる初級クラスかもしれません。
「漢語口語速成」のシリーズはテキストとして、文法や語彙の出し方や自然に繰り返すやりかた等、とてもよく出来ています。
「漢語初級口語教程」のテキストは、あまり口語テキストらしくないですが、朗読部分には、エッセイのような文章があるのですが、これが面白いと言えば面白いのですが、単語が容赦ないです。初級なのに、HSKの丁や丁にも入っていない語があったりします。
「初級漢語口語」は、わたしにはこの会話が面白くないのと、これだけ評判で広まっているテキストなのに、かなり誤植も多かったの不思議でした。
しかし、まずテキストを見ずに、CDで聞きとろうとするのですが、この入門編クラスの、初級漢語口語2ですら、聞き取れなかったりします。それは、テキストをみれば、簡単な語彙であるのがわかるのですが、まだ音が意味と結び付かないという問題と、言葉の組み合わせを、まだまだ分かっていないことに気づきます。
また、練習問題が多く、わたしはどのテキストも練習問題も隅から隅までやるのですが、特に「初級漢語口語」は、言い換え問題が好きで、ここにCDの音が無いのが残念でしたが、この文型を今度老師との会話で使いましょう。とたわいもないことを考えてたりして、使っていました。
「301」のテキストは練習問題も音声になっていましたが、やっていた時はしつこさを感じてしまいました。そういえば「新中国語」にも、練習問題まで音声に入っていたのが、偉かったです。やはり、いちばんテキストとして完成されていると思わせてしまう風格があるのは、「新中国語」だったのかもしれません。


そして、これらとは別にまた大学生用のテキストも10冊くらい使ったのですが、それらとこの中国のテキストを3月まで復習して4月からは中級のテキストを使ってみようと思います。
漠然とした復習では、とりとめもなくなるので、3月まではそれなりに、スケジュールを立ててサクサクやっています。また、ankiなどのツールや、ネットで特に声調に特化したゲームのようなツールを見つけたので、これで知っている単語達に声調を合わせてやる作業もしています。
今までは意識していなかった語彙量を正確な声調を意識して増やし、3月までにHSKの約3000を確実に。今年中にHSKの丙2202を足すくらいの語彙量を確認しながら増やしたいです。
ただ、語彙は知っている単語についてはツールなどで、比較的容易に記憶付けができるのでしが、知らない単語はツールで覚えても身に入らないので、やはりテキストが中心です。


この写真の初級テキストには、全て中級テキストがあるので、続きのそちらを使おうと思ったのですが、口語について言えばこの初級クラスの内容が完全に使えられるようになれれば十分だし。。というよりもっと口語ではない文章を読みたいわ。
ということで、何人かの老師が共通して薦めてくれました「発展漢語・中級漢語」「博雅漢語・中級冲刺篇」「橋梁」の三つを使ってみようと思います。
老師とは、「博雅漢語・中級冲刺篇」を一緒に使ってみて、発展漢語と橋梁は、自分でやるようにと仰せられました。
これら中級テキストの共通点は、厚いところでしょうか。
本当はテキストは数少ないものを徹底的にやる方が、効率がいいのかもしれませんが、こればかりは、性分なので、量が質を凌駕することを期待するのみです。

中国語テキスト一気読み

今日はまた、まとまった時間が取れなかったのですが、なぜか日本語の小説を読んだり、英語の学習法本を読んだり、英語の音読をしたりしてしまいました。
中国語は「汉语口语速成」の提高篇と「初级汉语口语」と提高篇を各2時間くらいで、合計は4時間くらい。


昨年の末に「中国語を話そう」という大学1年生用のピンインの読み方から始まる入門用テキストを一気に読みとおしました。
本当は発音の練習部分だけをするつもりだったのですが、結局半日くらいかけて一冊を音読しました。このテキストは最初からCDがついていないのか、あるいは中古の本屋で買った物が外れていたのか、とにかく音源が無かったのですが、次第に音読をしているうちに快感を覚えました。
どこかでまた時間を見つけて、入門のテキストを一気に一冊読み通してみたいです。


それにしても、もう少し週間程度ででも予定表を作成しないと、いきあたりばったりというか、他のことに時間を使ってしまいます。
もう少し大人のやり方っていうやつをやらないと。と、池谷祐二の脳関係本を読んだりしては天井を眺めてしまいます。

2011年は中国語を呟きたい

すでに1月2日ですが、昨年の反省と今年の目標を書いてみます。
●2010年
中国語を初めて半年あたりまでが、容易に覚え(られる)と錯覚できた時期だったようです。ただ、中国語の練習時間をひたすら増やしていき、特に7月に長期休みをとって、「汉语口语速成」を音読しまくれたのは、大きな財産になりました。
ただ、そこから大学2年生用のテキストを使っていこうとしたのですが、この大学2年生用のテキストと、入門編のテキストの間には男の女の間に流れる川の如く、深くて遠く離れていたようで、なかなか習得できませんでした。
そこで次第に、基本的な漢字の書く練習や聞き分ける練習も怠っていることを気づかされました。
●2011年前半
意識して、漢字を正確に書きとり、正確な四声を覚える。親字で1000語程度。
ピンインがあるテキストを正確に大量に音読。
マスターできていないテキストを使った書き取りと音読の繰り返し。
一週間に一短文の暗記。
漢詩を30完全暗記。
●2011年後半
ピンインなしの中国語小説を読む。
中国語のドラマを見られるような練習。


と、適当なことを書いてみました。
本当は数値化した目標がいいのかもしれないのですが、その数値化が何を意味するのかをあまり理解できていないのですが、短文会話600にある長谷川正時さんの書かれている初級後期の目安、短文会話500、短文1000、単語2000をある程度目標にしてみます。
そして出来ないことの言い訳をせずに、できるだけ淡々とここに、毎日の中国語記録を記し続けてみたいです。


1月1日の中国語
ピンインつき「風の歌を聴け」を2時間。辞書ひきひきと読み。成語が多い。できたら、風の歌を聴け成語集を作りたい。100は超えることは間違いない。(全部読み終わらせられる自信なし)
•「初級漢語口語提高編」を3時間。音読とネットで老師と一緒に練習問題。
•聴く中国語別冊「聴く小学生の中国語」2時間。辞書ひき。これは簡単に考えていたのですが、かなり手ごわい。小学4年生で大学2年生水準、小学5年生だと、読めない字の方が多いくらい。でも本当に想像と同じような中国教科書っぽさが楽しい。「南极的除夕」を聴き取れる水準にしたい。
この教科書的文章の面白さを共有させていただきます。(南极的除夕の最後の一節)


副队长深情得望着队员门说
“在那艰苦奋战得日日夜夜,有的同志座在地上就睡着了,有的一趟下,没脱衣服就打起呼噜-实在太累了呀!可是,一有紧急任务,个个都像猛虎似的一跃而起,冲出帐篷。
那是,我真不忍心吹哨子吧大家叫醒•••“
副队长哽咽了,从祖国来得亲人也流泪了,队员门更是激动得泣不成声。难以想象得艰苦,劳累和胜利的喜悦交织在一起,真是百感交集!我们这些在充满危险的航行中,在艰难困苦的劳动中没有掉过异地眼泪的硬汉,此时,却热泪滚滚,沾湿了衣襟。这是幸福的泪,胜利的泪,是对开发南极的事业充满信心的泪。


と、かなりお気に入りになったテキストです。
・「起きてから寝るまで中国語表現ドリル」聞き流し1時間。ただ、これは最後まで出来なさそう。。
合計8時間くらい。あ。単語の練習何もしてない。

週末が待ち遠しいのは

最近は今までになく、週末が待ち遠しいのは中国語に触れる時間が多く作れるからです。とはいえ、以前は細かく、予定をたてていたのですが、次第にあまり予定を立てられなくなって、人生と同じく、成り行きの中国語練習となっています。
今日、明日の予定を書いてみます。
席慕容のエッセイ「贝壳」を暗記
汉语中级口语教程第一课の朗读「精深学英语」を飽きるまで音読
初级汉语口语の2と 提高篇を聞いたり音読したり。
あとは、週末に一冊のテキストか短編小説を通読したいです。あ、漢詩も暗記したい。
ここらへんは、やはり成り行きで。
初心者用の中国語小説があまりない。と思っていたのですが、まさしく日本から大学生向けや中国語学習者向けの短編小説がたくさん出ていることを、神田巡りで知りました。またそれぞれが古い本であるため、また殆どが絶版になっているので、なかなか書店では見つけらませんでした。ということで、またまたまた、中国語の古本コレクターとして、たくさんの中国語小説を購入してしまいました。


どの本も注釈つきであったり、対訳であったりで、またいくつかの本にはCDがついていたりで、とても読みやすいです。
書名を書くのも面倒なので、だいたい、これらを一度に買いました。



あまり考えたくはないことですが、すでに中国語関連の書籍は、雑誌を入れると200冊以上あるような気もします。何度も心の中で叫んでいることですが、もう中国語本は買いません!


村上春樹の翻訳本はたいてい揃いました。来年あたりから読み始めて、3年くらいで読み終えたいものです。

やはり練習のための練習でなく


次第に人生に娯楽を求めなくなってきたからか、ひたすら千本ノックのような、音読の繰り返しもそれほど苦ではない。と言えば苦ではないのですが、中国語学習を開始してから、次第に小説を読んだり映画を見る時間が衰退し、仕事帰りや週末に通っていた芝居もライブも美術館も今では全く行けません。
その中でも特に2,3日で一冊読んでいた小説を読めなくなったところから、小説の禁断症状が出てきたのか、もう少し安娜がどう言って、汤姆がどうのという平板な会話だけでなく、小説を読みたい。人生の意味や無意味さを味わえる小説が読みたい。
ということから、そうそう、中国語で小説や、物語を読めばいいのでは!
と今更のことに気づいたのですが、やはり初心者では中国語の小説を読んだり映画をそのまま見ることができません。
そこで、前から何度かチャレンジしては、挫折をした「中国語がわかるリスニング」を今一度手にしてみました。
が、その難しさは、相変わらずです。どこが4級レベルなんだか!いや、もしかしたらわたしは中国語検定を受けたことがないのですが、本当は4級もこんな単語を知らないとだめなのか。しかし、単語以外も、今まで読んでいた中国語の教科書とは違う表現が多く、ちょっとこれを試してみたくなりました。このテキストを使っている人の記録を見たことがありませんが、この値段でこの量はお得なのでは?と値段だけではなく、教科書的な単語や文法を教えるためではない、本物の中国の物語や話に触れたいという欲から、少しこのテキストを試してみようと思います。


さらに、会社で上海万博へ行った人に、気楽に「中国語学習にいいDVDを買ってきてえ」と頼んでみたら、きちん上海で一番大きな書店で紹介していただいたらしいDVDをお土産で買ってきてもらいました。
「中国百姓身辺的故事」の上、下と「家有儿女」の 3、「家有儿女」は、3しか無かったらしい。
けど、さらに彼が気の利くのは、上海の屋台で、大量にDVDを買い漁り、その20余りの中国テレビドラマをわたしはひとつも知らないのですが、そこに、この「家有儿女」も入っていました。
一応実費で支払ったのですが、屋台のDVDは書いてはいけないくらいの1セット60円。様々なドラマ全部で1500円くらい。まだ、ひとつも本当にPC見えるのか試していません。
「中国百姓身辺的故事」と「家有儿女」は、さすが書店購入。問題なく映りましたが、やはり内容が初心者には辛いかもしれません。が、テキストがついていることもあって、少し試してみようと思います。


彼から上海万博やその他、中国の話を聞かされては、「自分で行けばいいじゃないか」と言われて、「いやいや」と答えたものの、いつか自分で中国に行く。というイメージを少し持つことも出来ました。


時間がないといいつつ7/24は
「漢語口語速成」基礎編の25をさらに音読。同じく「漢語口語速成」堤高編の6課。3時間
7/25は
「標準中国語」の9課と10課。「漢語口語初級教程」の12課。「漢語口語速成」基礎編の20課。3時間
7/26は
「初級漢語口語(2)」の7課、「漢語口語初級教程」の12課。「瞬訳初級 」3時間。しかし、「瞬訳初級」は、相変わらずムズイ。頭に入らない!これは単語集とは違い、単語の組合せですが、日本語でもなじみのないような短い言葉はなかなか馴染みません。わたしは文は長い方が記憶に残るようにすら思えてきました。

と、平日は家を出てから歩きの時間も入れての通勤時間を中心の学習時間ですが、
これって、学習時間なの?と思うほど、ぼおっとしてしまうこともあるのですが、まあとりあえず、時間に入れていますよ。

週末の中国語学習


平日の朝は何をどう学習するのかが決まって、およそ計画通りに進められているのですが、平日夜と特に週末の学習が、あまり何をするのかが決めていないためか、時間があるようで、いまひとつ集中が出来ていません。
何をどのように何時間くらいするのか。も決めておいて、その場で考えずにとりあえず計画をして、予実の乖離や、計画自体を緩く見直すようにしようと思います。
と、実は夜と休日の学習こそが中国語学習の基本だと考えていて、6月までに大学1年生のテキスト、中国で作成されたテキストであれば入門級。7月から半年で大学2年生用と中国の初級用。という、大学2年生の第2外国語水準なら、いい大人が真剣にやれば、1年間で追いつくのではなかろうか?という根拠のないところで、決めたこの計画。

さらに計画の前倒しをして、6月あたりから、大学2年生が扱うテキストを読み始めたのですが、なかなか頭に入りません。まだ中国の初級クラスのテキストは、それなりに読めて、聞けるのですが、日本の大学2年生のテキストが特に難しさを感じるのは、やはり単語のなじみの無さかもしれません。
たとえば、こんなオリンピックの文章があります。幾つか知らない単語を調べれば、漢字を見れば意味がとれるようになるのですが、この文字を読んで日本語の意味を理解したつもりになった後になってCDと一緒に音読をすると、理解できた気になってしまいますが。CDの音が終わった後に、自分で言おうとすると、全く意味が取れていなかったことを思い知らされます。


在奥运会的竞赛项目中,深受广大群众欢迎的马拉松是一个起源于古代希腊传说的运动项目。公元前490年,波斯的军队入侵希腊。希腊的战士们勇敢地打败了敌人


その原因や自分なりの解決法も考えているのですが。。
とりあえず土日にメインで使いたいテキストは
大学のテキストが
「中国語キャンパス@中級実用編」「美紀の北京再訪」「標準中国語・応用会話編」
中国テキストは「説漢語」「漢語口語速成」「漢語初級口語教程」「初級漢語口語」
これらを使って土日で約16時間をひたすら音読中心にトレーニングをする予定です。