あなたはそれをどうやってどこまでやりますか


おなじようなことを何度も書いている気もするのですが、もういったいテキストって、どこまでやればいいのでしょう。気が済むまでとなると一生気が済まないようでもあり、一回読めばそれで許していただきたくなることもあります。
たとえば、三か月間かなり真剣にやり続けた「通訳メソッドを応用した中国語短文会話800」と「初級を超えるための中国語単語BOOK」のテキストにしても、全く「やった感」が得られないのです。
その前にもかなりやりこんだ気がする「瞬訳中国語」にしても、見直すのが怖いくらい、単語は定着できませんでした。
そんなわたしの実力から適当に推測するに、市販の中国語テキストを一冊、「マスターした」という満足感とともに終わらせるのには、それだけを毎日やったとしても、半年はかかると思います。その満足感とは、当然暗唱までは至らず、なんとなく飽きてきたからもういいや、に限りなく近い満足感かもしれません。
ただ、一冊に半年かけては、今本棚に押し込んだテキストたちは100歳まで中語とつきあっても、生きている間に終わらすことはできそうもありません。特に来年こそは、できるだけ中国産のテキストや小説に移行をしたいという野望があるので、この大量なピンインつきのテキストたちを年内に次から次へとやっつけていきたいものです。
今、独学で読んでいるテキストは、中国の中級向けテキスト4冊もあるのですが、気持ちはこれを中心としながら、それ以外にこの3か月で、ピンインつきの大学生用教科書や市販のテキストをどんどん読んでいこうと思います。どちらも中国語を初めて1年たった人を対象としているテキストになります。


ということで、体育の日から、右の中国語本100冊プロジェクトにも書いた大学生用教科書「音読したい中国語」と昔のラジオ講座の応用編を集めたらしい「挑戦!朗読中国語」を読んでみました。両方とも一日で読めるのでは?とも思ったのですが、「音読したい中国語」は、全12課のうち、10課までやって飽きてしまいました。素敵なタイトルに反して、内容はよくある中国語文化についての普通の説明で、面白味が無く、特にテキストに何か工夫があるというものではありませんでした。と、不遜なことを書きつつ、それでも一冊をやりとげることは、作者達が学生へ伝えたかったことの上澄みの一部は味わえるのではないかと思います。
方法は、単純に本文も新出単語も例文もすべて5回ずつ読む、というそれだけです。わたしは未だに中国語文法の本を読んだことがないのですが、いろいろなテキストに出てくる文法的な解説を切れ切れに読んでは、断片的な知識をパタパタと頭のどこかへ張り付けています。


もう一冊の「挑戦!朗読中国語」の方は、最初はやはり一気に読んでしまおうと思ったのですが、内容が濃すぎて、こちらはかなり真剣に音読を重ねていこうと思いました。
前書きに、中国語の声調はいつも同じ声調を出しているのではなく、文の中で、それぞれの声調の高さが違っていて、それにもきちんと規則がある。というような説明があって、「ほうほう」と思って一課を終えたのですが、確かに、ここの2声と文末の2声は出す高さが違うという説明は納得できるものの、ではそれが他の文章ではどう考えればいいのか、声調やアクセントなどについて、全ての文章について適応できるシンプルな規則として、まだまだわたしには捉えられませんでした。
しかし、こちらのテキストの本文がとても読みごたえがあるので、もう少しこだわって付き合ってみたいです。


あと、「家有儿女」もDVDではなくて、テキストの方を去年から進めていて今は2冊目の後半あたりです。これらは3冊目を来年の中ごろには終わらせたいし、毎月挫折している「聴く中国語」についても、なんとか毎月一冊はきちんと読めるようにもしたいし、Podcastにしても、貯めずにコツコツと聞きたいし、作文もコソコソと書き続けたいし。。などと語学学習では全く褒められたことではない、「あれもこれも」と手を出してしまっています。
また、昨年使っていたテキストを読んでみると、実は昨年も頭になかなか頭に入らなくて赤ラインを引いた単語やフレーズが未だに全く同じ個所に赤ラインをひきたくなってしまいます。薄々感じていたのですが、昨年の秋あたりから、自分の記憶力はますます忘却力に負けだしている気もします。


ただ、本当のことを書くと、なかなか上達しない感覚や、あのテキストをやってみたいとか、あれもこれもやってみたいとか思える今こそ、一番楽しい時期なのではないかなとも思ってしまう自分がいます。RPGでも、最初の方こそ面白くて、次第にレベルを上げるのが面倒になって、たいていラストの直前で満足感のような退屈感のような気持ちを持ってしまうような?そして、そういう潜在意識がために、ずっと初級から抜け切れないのかしらんと思ったりもするのですが。。イヤイヤ、わたしの場合はいかなる潜在意識も現実に影響されたことがないので、方法は都乱成一锅粥了でも、今はただただ中国語へ向いている自分の人生をそれなりに楽しむことにします。


再访上海


「再访」という中国語は無いのかもしれませんが、昨日老師と話していて、「再别康桥」の「再别」が詩人の作った言葉のようなもの、と教わったので。であれば、「再访」くらいわたしが作っても罪にはならないのでは。。とフイツジェラルドの「バビロン再訪」のようなニュアンスで。


我住在上海的时候,最奇怪的事是没什么在海外的感觉。
高层建筑或者小胡同的样子都与日本不同,当然食物和语言也都完全不一样,不过不知为什么,我没怎么感觉到自己身处外国。
这是为何呢?在上海的期间经常都在考虑这个事情。返回日本到现在已经一周了,我却还会突然有种徘徊在散发香草味儿的上海胡同中的感觉。
简直像被谁招唤一样,我无数次回到上海,漫无目的地走在陌生的胡同中。


上海にいて、一番不思議だったことは、海外に来ているという感覚があまり無かったことです。高層ビルも、あるいは小さな路地の形も違うし、もちろん食べ物も、言葉も違うのですが、なぜか、外国という違和感はあまり持ちませんでした。
これは、なぜなのだろう。と上海にいる間よく考えていました。
また日本に戻ってから一週間もたったのに、今でも突然、あの香草の匂いがする上海の路地裏を歩いている気もちにさせられます。
これからも、思い出したように、上海の出来事は書いてみたいです。


上海にいる間、多くの人たちと自由に会話をしたというわけでは勿論なく、本当に簡単な言葉を並べる程度の中国語です。大雑把な感覚では、初級テキストを完璧に使いこなせて、必要な単語の知識さえあれば、相当自由な会話ができるのではないかと思いました。
中国には、日本から4冊のテキストを持って行きました。「汉语口语速成 提高篇」と「博雅汉语 中级冲刺篇」と「通訳メソッドを応用した中国語短文会話800」と「初級を超えるための中国語単語BOOK」です。


「汉语口语速成 提高篇」は昨年から、かなり使ったつもりになったのですが、このテキストをまだまだ消化できていないことを気づかされました。と同時に、このテキストの会話を自由に使えれば、もう用事を足すという意味においては十分だと思います。
「英会話は中学英語で十分」とよく言われている中学英語は、まさしくこの「汉语口语速成 提高篇」か、もしくは「汉语口语速成 基础篇」なのかもしれません。
「博雅汉语 中级冲刺篇」は、今年になって結構読んだり音読もしたいたのですが、現地の人の前で音読をすると、かなりボロボロでした。
「通訳メソッドを応用した中国語短文会話800」と「初級を超えるための中国語単語BOOK」は、7月から初めて、9月までの三か月で終わらそうと、本当に真面目に毎日続けていました。右にある100冊プロジェクトが7月から止まったのは、まさしくこの2冊を真剣にやっていたためです。
そして、中国に行く前に、毎日中国でも続ければ、無事に9月で終わる。というペースだったのですが、中国では殆どこの2冊のテキストを開くことはありませんでした。あまり時間も無かったとも言えるのですが、このようなトレーニング系のテキストを中国に来てまで続ける気持ちが湧かなかったのです。
「通訳メソッドを応用した中国語短文会話800」は、評判もいいし、「初級を超えるための中国語単語BOOK」については、比較的新しいテキストですが、単語集というより、于美香さんと于羽さんが作られて例文が読み応えのある面白さのテキストです。両方とも丁寧に読みこなしてから、何度も音読やシャドウイングをしていました。
しかし、中国に来ていると、こういった練習を重ねていく方法は、わたしには必要がないのではないのではないだろうかとも感じてきました。


効率的学習という観点では、日本で売られている、こういったトレーニング系のテキストは、きっと効果的なのかと思います。
ただ、現地での会話や、最近読み始めた、散文や短編小説と比べてしまうと、これらの脈略が無い短文を暗記していくことの退屈さが際立ってしまうのです。
とはいえ、貧乏性でもあるので、10月いっぱいは、しつこくこの2冊を続けて、それなりに内容を消化し、また大量にあるピンインつきの日本の大学生用教材や、市販の初級教材を、年内にさっとやっつけたいものです。中国語をはじめて2年目になる、来年の1月からはテキストではない、中国語の散文や小説やDVDを使っている自分を想像してみるのでした。




对了,我看到上海到处都有这样的桌子。使用的人是小宝宝?这是非常小又矮的桌子。
不过,在上海的处处地方都有卖,大学的校园也卖的。
有一次,我问在夜市卖这些桌子的人,这到底是什么?他回答,这些叫做“懒虫桌”。也就是说,那些很懒的年轻人,不起床,而是在床上吃饭和读书和游戏,都用的是这个。
你们知道吗?



これは、上海で買ったDVDと本ですが、恥ずかしくて公表できません。
本も、DVDも4,50冊程度を買ってしまい、スーツケースは体感重量30kgを超えていたのですが、なぜかお咎めがありませんでした。

愚か者の「中国語短文会話800」の使い方 


日本で作られて一般の書店で売られている中国語教材というのは、トレーニング系が多いですよね。単語や文法から、ヒアリングも作文も会話も個別の教材に分かれていて、またその殆どが「あんたたち、暗記するまでやってみなさいよ!」的な脅迫感を持たせます。
去年は「瞬訳初級」と「初級からのシャドウイング」をかなりやりこみました。4、5回は繰り返しました。しかし、瞬訳にいたっては、日本語→中国語という言い換えも、数回やればできるようになるのですが、ここで初めて知った単語については、またすぐに忘れてしまいます。これを何回繰り返しても、結局はこのテキストを使う前に知らなかった単語は殆ど定着できていない。という全く寂しい現実がありました。
ただの一単語ではなく、フレーズという単語+単語の組み合わせですが、結局はそれ自体に意味が無い羅列なので、本当に無味乾燥です。またこれを使った短文もあるのですが、こちらの短文も面白味がありません。
と、単語集に「面白」を求めることが間違えているのかもしれませんが、やったわりに記憶が定着せず、ただ敗北感が残りました。
さらに「初級からのシャドウイング」も、トコトンやりました。こちらは、会話のかけあいに感情が入っていて、聞いていて面白かったのですが、とにかく頻出する名詞達(虫、植物、薬、化粧品名など)の名前が頭に入らずに、この名詞を覚えようという方に力がいってしまい結局は文章がなかなか覚えられずに、これまた敗北感を味わったテキストでした。


それから約一年もたった蒸し暑い夏の朝、やはり体育会系的なトレーニングが好きなわたしは、懲りずに「今度こそは」と、これらの続編をやっつけてやろうと思い立ったのです。
「初級からのシャドウイング」は、その続編に当たるのが、有名な「短文会話800」です。
単語は寧ろ「初級からのシャドウイング」の方が未知の単語が多いくらい、「短文会話800」は、知らない単語も語法は殆ど出てきません。
ただ、このテキストをどこまで使うのかが、難しいところです。中国語から中国語へのシャドウイング、というのはそんなに難しくはありません。とくに、音をおいかければいいというのですから、意味よりも音に重視をしてひたすらシャドウイングというのは、感覚的には、何か中国語の練習をたくさんしている感に覆われるのですが、これを回数多くやっていると、ひたすら音を真似しているだけになってしまいます。
それがいいのかどうかは、わからないのですが、シャドウイングが出来た。ということと、この短文会話を自分のものとして消化したという間にはかなりの隔たりを感じました。
わたしにとっては、シャドウイングよりも、一組の会話が終わったところで、いったんCDを止め、テキストを見ずにその文章をリピートをする方がよっぽど難易度が高く、単語や文法の確認にもなり、内容理解も深まります。しかし、自分がリピートして中国語が正しいのかどうかがテキストを見ないとわからないし、またテキストを見たときに、すでに自分でリピートした中国語が完全ではなく、テキストのように言ったのかも?と自分に都合がいい方に解釈してしまう自分もいます。それを完全にやるには、リピートした自分の音声を録音し、正しい発音で正しい語順で言えているかを確認する必要があるのかもしれません。
ただ、このテキストでこれをやるには、とても時間がかかります。もう、こう書いているだけで、面倒な作業です。
というわけで、わたしは何事も低きに流れるのが常なので、この「初級からのシャドウイング」というテキストを使っても、シャドウイング練習までしかしませんでした。


テキストに書いてあった、「日→中、中→日の逐次訳を行う」というのは、通訳になるのではないし、そんな芸当は無理だからネ。と最初から行うことを諦めて、ただシャドウイングの教材としてしかこのテキストを使いませんでした。
そして、それがもしかしたら、変な四声の癖をつけてしまった一因なのかもしれません。
また、時には、歩きながら、もしくは走りながらのシャドウイングだったので、はたして、本当にどのくらいの量を音読して「出来なかった」のかがよくわかりません。
以前、わたしはテキストを100回読んでも暗記はできなかった、という実験をしたのですが、これは、一日に100回読んだからであって、もう少し数日に均してやったらどうなの?と、自分の記憶力の悪さをクーラーの上に置いて、好意的な可能性を考えていたりもしました。


また、このテキストには日本語だけのCDがあって、日本語から中国語の逐次訳、同時通訳に使うようにという説明があるのですが、数回日本語吹き替えの人の見事な会話ぶりに微笑んだくらいで、こちらのCDを全く使いませんでした。
このCD半分を全く使えなかったということ自体、わたしはテキストに戦わずに負けていたのかもしれません。


ということで、もう少し、テキストに書いてある訓練方法をきちんと試してみようと思いました。
1. リピート練習を行う
日本語と日本語のリピートも、それはそれは感情をこめてやってみました。しかし、わたしは、CDをとめると、そこそこの長さだと日本語ですら、もう繰り返せないといいう恐ろしい記憶力の無さで、自分を驚かせました。
さらに、中国語から中国語のリピートも難しいのは言うまでも無いのですが、これは回数を重ねれば、なんとかなるのかもしれません。


2. シャドウイング練習を行う
わたしは、なぜリピートよりシャドウイングが難しいのかわからないのですが、これは日本語は問題ないし、中国語は、間違えたりいい淀むところも、テキストで確認をすると、だいたい問題がなくなります。ただ、シャドウイングを繰り返すと、本当に頭の中が空っぽになっていきます。


3.逐次訳で練習を行う
これは、中国語会話を聞いているだけだと、意味を理解できているので、CDをとめて、中国語から日本語にするのはそんなに難しくない作業だろうと思ったのですが、じゃあ、日本語にしましょう。となると不完全なところがあったり、結局は理解が不十分であることを思い知らされます。
それよりも、かなり難易度が高い、日本語を聞いて中国語の逐次訳は、とても出来るものではないのですが、テキストの中文を読めばできます。あたりまえですが。。しかし、これを繰り返すと、なんとなく、出来ないわけではないところまで言えるようになります。しかし、それは逐次訳をしているというよりも、中国語文を覚えてしまったと言えるかもしれません。


4.同時訳練習を行う
これは、はなから諦めたのですが、3のプロセスの逐次訳を行うで、次第に覚えてしまっている中国語文章だと、日本語と同時に中国語を言えてしまいます。あたりまえなのですが、これが出来るはずないと思っていた「同時訳」的行為でもあるので、ただ日本語に知っている中国語をかぶせて話すというのは、奇妙な達成感があります。
しかし、かぶせて言っているので、もはやCDの日本語も自分の中国語もあまり聞こえなくなり、ただ日本語が出たタイミングで暗記した単語を口にしている。だけの行為がどれだけ意味があるのかわかりません。


結局はわたしのレベルで、「短文会話800」をどうやって使えばいいのか、最適解は分からないのですが、とりあえず、この夏の中国語特訓メニューとして、三か月で、「短文会話800」を終わらす。という目的達成のために、速やかに機械的に、そしてテキストに対して勝利感を持ちたいという、わたしが勝手に作った「短文会話800」の攻略方法は、これです。
テキストの中国語文は見ずに、和文を見てシャドウイングというより、気持ちCDより日早めにスタートをして、途中CDに助けてもらうことがあっても、気持ちCDより早く言い終わる。
という、何これ?なやりかたですが、暗記までいかなくても、とにかく同じ文章を単純に回数多く読んでみたかったのです。iTunesの再生回数を記録係りとし、一回で読む音読を10回から20回として、×6,7セットで「短文会話800」の全文書を100回以上音読してみようと思いました。



<真夏にテキストを手にして田舎の山を登ったのが、瞬訳をこんな気の毒な姿にさせてしまいました。今の2冊は出来るだけ外には連れて行かずに、成仏させてあげたいものです>


と、およそ8月の半分までで、この計画の半分をこなしているのですが、どう効果があるのか、全く分かりません。
ちなみに、およそ朝の5時から6時まで、この「短文会話800」の音読をし、さらに朝の6時から1時間かけて、「初級を超えるための中国語単語BOOK」別の名を「漢語中級単語1000」の例文を音読しています。これはこれで、また違うやりかたなのですが、説明につかれました。
そして、わたしは、まだまだ初級を超えられないことも分かったのですが、どんなに遅く寝ても、毎朝2時間かけてやっているこの音読が、ただiTunesの再生回数が増えていくことに満足感を覚えるためだけにやっている気がしないでもありません。
とりあえず、9月までは続けてみます。失敗したとしても、失败和成功是相反相成的,因为失败是成功之母。

「サンザシの樹の下で」≪山楂樹之恋≫を見て、自分の中国語を考える

先週末に、チャン・イーモウの「サンザシの樹の下で」を見てきました。「チャン・イーモウの、」とわざわざ書くのは、あの物語とあの写真ではわざわざ映画館へ行きたいと思えなかったのですが、とりあえず「チャン・イーモウ」だから見てみようかしらねえ。と昔の知り合いに会いに行くような気もちと似ていて、ぶつぶつ言いつつ結局はチャン・イーモウの映画は殆ど見ているのかもしれません。


日本では、チャン・イーモウの名前は知られてはいるものの、ハリウッドの監督達と違い、監督の名前だけで客が集まるほどではないのか、週末の映画館でも、客は10名程度しか入っていませんでした。
そして、私にとっては、つまらないわけでもないけど、感動するわけでもない、ただ丁寧なプロの仕事を見られたという映画でした。
以前、ネットの自由会話で、中国の若い老師とチャン・イーモウは、1997年の、「有话好好说」「一个都不能少」までだよね。という見解で一致したことがある老師のことを思い出し、久々にまた、「张艺谋を語る会」としてネットのレッスンで、申し込みました。


そもそも、この映画でも登場してくるし、中国の小説や散文によく出てくる「文化大革命」のことをわたしは殆ど知らなかったので、文化大革命についての意見を聞きました。
名前だけは知っていた、毛沢東暗殺事件のことや、四人組のこと、また今は名誉が回復されたらしい、劉少奇についても、老師の考えも入れての説明がとても面白かったです。
老師の説明(考え)でとても印象的だったのは、文化大革命は「政治の道具」であった。という点と、毛沢東は、過ちも犯したが、国を興した功績が遥かに大きいので、その天秤の傾きで評価されているのだというような説明。
また老師はわたし以上にこの映画は、つまらないと言っていたのですが、恐れ多くも中国でも巨匠と呼ばれる監督のつまらなさぶりを語り合うことに喜びを感じざるをえませんでした。
わたしからも、
・知らない農家を訪ねて料理を作らせることについて。
・この映画は純愛映画というより、寧ろその逆で。。
・何故彼女は最後まで彼の名前を言わないのか。
チャン・イーモウが使う赤について。
などなど、普通の日本人と話す映画話ができました。
と、こう書くと、きちんと中国語でコミュニケーションが取れているようですが、実際にはもはや中国のレッスンではなく、映画について語り合うこと、わからないことを聞いたり、自分の意見を伝えることに夢中になり、結構日本語も入り乱れての話だったと思います。


レッスンという名前の映画おしゃべりタイムは、映画のことを話せたという意味では充実したのですが、自分の中国語の聴き取りや、表現能力の低さも改めて実感してしまいました。特に大学を出たばかりの老師の日本語能力が、すでにわたしの日本語能力と殆ど変らないがために、この会話も成り立ったような気がします。
映画の中国語はどのくらい聴き取れたかと聞かれて、50%くらいはわかったような気がする。と言ったのですが、日本語字幕のおかげで、単純な語彙は聴き取ることが出来ました。
老師に言わせると、とにかく50%理解できれば、もっとアニメやドラマや映画を浴びるように見た方がいいと言われました。
と、同じことを半年前から言われていたのですが、現実のわたしは「家有儿女」ですら、わからない表現ばかりで、テキストや字幕があるからこそ、手を出しているような気がします。
原書にしても、まだまだピンインが無いし、知らない単語ばかりで読めないからと手を出せません。
大学の2年目からは、もう日本語のドラマをたくさん見て、教科書よりもドラマで日本語を覚えていったという中国人老師の説明を信じると、わたしの中国語の接し方はまだまだ、臆病なやり方なのかもしれません。


というわけで、これからはドラマや原書に。。という方向に未だならず、また大量の音読をしています。
テキストは中国の中級テキストだけでは飽き足らず、今一度「中国語短文会話800」と、「初級を超えるための中国語単語BOOK」というテキストを嘘みたいに毎日音読しています。
別に会話能力をあげたいわけでもないのですが、この評判がいいらしいテキストの初級編「初級からのシャドウイング 中国語短文会話600」を相当やりこんだのですが、あまり上達を実感できないまま、きれいに机に置いてある姿があまりに不憫だったので、こちらもぐりぐりと使いこんでやることにしました。
また、「初級を超えるための中国語単語BOOK」(またの名を「漢語中級単語1000」と言うらしい)は、七、八割がた知っている単語のような気もするのですが、とにかく例文が難しいのです。成語や慣用語も平気で出てくるし、類義語や反対語も、へえへえ。と印をつけながら、例文を体に染み込ませようと何度も何度も音読をしています。
どちらも一日一課で、だいたい三か月かかるのですが、一日一課という生ぬるいやりかたではなく、毎日新しい一課を覚える以外に、最低でも過去の5課分を復習するというやりかたです。
時間がどれだけあっても足りない感につつまれますが、さらに、こんなやり方は自分でも書いていた却って非効率なやり方やも。という気にも強く襲われるのですが、夏がわたしをして、「地獄の夏合宿」的なものに向かわせるのです。
なでしこの試合の日も、試合開始までずっと起きていようと中国語の音読をしていたのですが、音読をしながら、寝落ちをしてしまい、気づいたらすでに1対1のまま後半が終わるところでした。


 なんとか、あまり冷静に「わたしは何をやっているのだろう」と考えることなく、9月までこのまま進みたいものです。