一年間で使ったテキストさんたち



と、写真にすると結構やっているような気がしてきました。
どれも有名なテキストだと思いますが、この中でかなりやりこんだのが、やはり、「漢語口語速成」の基礎編と「説漢語」の上巻でしょうか。301と「漢語口語速成」の入門編は、あまり丁寧にはやっていないかもしれません。しかも、下巻のみで上巻は持ってもいません。本人としては、ラジオ講座で入門的なことは習得できたと思っていたのかもしれません。しかし、今でも、301と漢語口語速成の入門編の、基本文型はよく出来ていると感じます。(マスターしていないとも言えます)
「漢語中級口語教程」は、約半分の第七課までで、テキストを変えることになりました。しかし、この第一課の文章は、わたしも老師も本当に好きです。この一課で作者たちは満足してしまったのかもしれません。


「説漢語」は301の次にやるテキストと紹介されていて、よく中級テキストの扱いになっていますが、実際には301のあとにすぐ始められる初級クラスかもしれません。
「漢語口語速成」のシリーズはテキストとして、文法や語彙の出し方や自然に繰り返すやりかた等、とてもよく出来ています。
「漢語初級口語教程」のテキストは、あまり口語テキストらしくないですが、朗読部分には、エッセイのような文章があるのですが、これが面白いと言えば面白いのですが、単語が容赦ないです。初級なのに、HSKの丁や丁にも入っていない語があったりします。
「初級漢語口語」は、わたしにはこの会話が面白くないのと、これだけ評判で広まっているテキストなのに、かなり誤植も多かったの不思議でした。
しかし、まずテキストを見ずに、CDで聞きとろうとするのですが、この入門編クラスの、初級漢語口語2ですら、聞き取れなかったりします。それは、テキストをみれば、簡単な語彙であるのがわかるのですが、まだ音が意味と結び付かないという問題と、言葉の組み合わせを、まだまだ分かっていないことに気づきます。
また、練習問題が多く、わたしはどのテキストも練習問題も隅から隅までやるのですが、特に「初級漢語口語」は、言い換え問題が好きで、ここにCDの音が無いのが残念でしたが、この文型を今度老師との会話で使いましょう。とたわいもないことを考えてたりして、使っていました。
「301」のテキストは練習問題も音声になっていましたが、やっていた時はしつこさを感じてしまいました。そういえば「新中国語」にも、練習問題まで音声に入っていたのが、偉かったです。やはり、いちばんテキストとして完成されていると思わせてしまう風格があるのは、「新中国語」だったのかもしれません。


そして、これらとは別にまた大学生用のテキストも10冊くらい使ったのですが、それらとこの中国のテキストを3月まで復習して4月からは中級のテキストを使ってみようと思います。
漠然とした復習では、とりとめもなくなるので、3月まではそれなりに、スケジュールを立ててサクサクやっています。また、ankiなどのツールや、ネットで特に声調に特化したゲームのようなツールを見つけたので、これで知っている単語達に声調を合わせてやる作業もしています。
今までは意識していなかった語彙量を正確な声調を意識して増やし、3月までにHSKの約3000を確実に。今年中にHSKの丙2202を足すくらいの語彙量を確認しながら増やしたいです。
ただ、語彙は知っている単語についてはツールなどで、比較的容易に記憶付けができるのでしが、知らない単語はツールで覚えても身に入らないので、やはりテキストが中心です。


この写真の初級テキストには、全て中級テキストがあるので、続きのそちらを使おうと思ったのですが、口語について言えばこの初級クラスの内容が完全に使えられるようになれれば十分だし。。というよりもっと口語ではない文章を読みたいわ。
ということで、何人かの老師が共通して薦めてくれました「発展漢語・中級漢語」「博雅漢語・中級冲刺篇」「橋梁」の三つを使ってみようと思います。
老師とは、「博雅漢語・中級冲刺篇」を一緒に使ってみて、発展漢語と橋梁は、自分でやるようにと仰せられました。
これら中級テキストの共通点は、厚いところでしょうか。
本当はテキストは数少ないものを徹底的にやる方が、効率がいいのかもしれませんが、こればかりは、性分なので、量が質を凌駕することを期待するのみです。

CSLPod

いつのまにか、新しいCSLPodの二人に慣れてしまった気がします。人生とは、そういうものですね。
あ、こういうときの似た感覚の表現も「家有儿女」に出てきました。
「喜新厌旧」ですね。さらに意味が違いますが、今週の暗記している「心に残る中国語」の文章にも「后起之秀」とか。
成語は面白いのですが、使わないと勿体ないという気にさせてくれます。話をする機会は殆どないので、成語を無理にでも使う文章を書いたり、短いレッスンの時にも強引に成語を使ってしまいます。

CSLPodは、再開してからは、なぜかIntermediateばかりが続いています。中国語歴一年目のわたしには、嬉しいでのですが、再開前までは、テキストに書かれていること以外の会話を殆ど聞き取れなかったのですが、なんとなく、不知不觉やらまわりの会話も聞き取れてきました。


と、書いてから、以前使ったテキストの音声を聞いたら、結構聞き取れていない自分に、早くも驚かされました。
明日は嬉しい休日なので、一日をできる限り中国語の学習にあてます。
まず、「漢語口語速成」の基礎編を11月に再再度復習をします。
また、「初級漢語口語」も基礎編と提高編を11、12月あたりで聞き終わらせたい。
そして、明日はもちろん「家有儿女」を何度も見ることと、一冊のテキストか短編を読みたいです。

と、書いてみると、それだけでわくわくできます。


约定
最好做出约定。
与小宝宝的约定也好与小狗的也好,与自己的也好。
如果预先就做好了约定,打算遵守约定的那个时期,手指尖儿就会变得巧妙,脚就会变得结实,眼就会变得明亮,头脑就能很好地用起来。
是啊!
你就能成为守护约定的人了。

中国語人が書くような中国語を書く

中国語は発音に始まり発音に終わるとよく言われ、その言葉が呪いのように、意識せざるをえなくなっています。
ただ、こちらは、自分の到達点がはっきりわからないまでも、それなりに自分の問題点や、目標とすべきことなどは、想像しやすいです。
中国人のような発音というのは、近づけるべきであっても、そこへの差があることを正しく意識し、常に自分の発音を見直す意識を持てれば、それでいいのではないかとも思います。
それに対して、最近思うことは、「中国語人のような文章を書く」ことについてこそ、できそうで、永遠に到達できないのではないかと考えるようになりました。
老師にわたしの書いた中国語を修正してもらうと、「文法的には問題がないけれど。。」という説明のあとの修正点は、それがどうして、その表現がいいのかを理解するのは、どれだけ単語や文法を学んでも到達できないのではないかと思わされます。

また、最近は、Lang−8で、作文を見てもらっているのですが、同じようなことを感じさせられます。また、逆に多くの中国の方が書いた日本語を修正していても感じるのは、これが、どうしてこの言葉ではなく、こちらの表現の方がいいのか。という点は日本語の文法だけでは、説明できない箇所の方が多いのではないかと思います。


日本人と変わらない発音で話され、日本文化にも、一般的な日本人よりも詳しい中国の方でも、その書かれた文章をある長さで見ると、やはりどうしても日本人では書かない表現を見つけられます。
実はわたしの会社の社内システムは、オフショアで中国の方が対応しているのですが、電話では、本当に日本人と変わらない発音と専門的な言い回しができる方達も、長い文章を書かれると、やはり日本人の書いた文章ではない。ことを気づかされます。


その間を埋めることについて、一度老師に相談をしたところでは、日本語から中国語の翻訳をしない。自分の中国語作文をしないこと。と言われたことがありました。
中国語で考えて、中国人が書いた文章を引用すること。というような意味の話でした。


それはそうかもしれないけど。。と週末にはなしつつ、老師のレッスンでも使った「漢語初級口語教程」の下冊が一通り終わりました。まだまだわたしは、初級のテキストでレッスンをしたかったのですが、次回からは、「漢語中級口語教程」を使うことになってしまいました。
テキストを開くと、知っている単語より、知らない単語の方が多いじゃないですか!と抗議をするも、なぜか受け容れられませんでした。
とりあえず、老師の仰せのままについていく子羊のようなわたしです。

テレビで中国語

時間があえば、テレビ講座「テレビで中国語」を見ています。
4月に山本太郎さんが、レギュラーとなって、ちょっと発音の仕方も変だけど、きっと役者の方だからすぐ本格的な発音になるのでは。と思ったのですが、その変さは相変わらずで、特に四声に苦労していますね。
山本さんの視線を見ると、おそらくカメラのあたりにカンペがあって、その四声の印を読んでいるようですが、まだまだ、というかおそらく番組の最後まで四声は直りそうもないですね。少し荒川さんもムカツいているような?


この四声の苦労さは、全く他人のことを言えないわたしなのですが、本人はその四声で発しているつもりでも、そうならないというのはよくわかります。ここは、すぐその場で修正されれば、そこで直すことはできるのですが、おそらくそれでは何の解決にもならなく、彼のように、そしてわたしのように四声が苦手な人は相当苦労をしなければなりません。
いろんな方法があるのですが、ネィティブの人か、相当耳がよい日本人に四声を常にチェックしてもらうのが一番だと思います。
それも、ただ間違えて、一度そこを修正するだけではなく、何度も何度も繰り返して修正修正、また修正をしなければ直りません。さらに、一文でも、そこは、直ってもすぐに違う箇所を間違えます。そこで一番効くのは一頁くらいの文章を読み、もう間違えたらそこを修正して、そこが正しく発音できるようになったら、また一番最初に戻る練習でした。これだとわたしの場合、一頁を正しい四声と発音で言える音読できるようになるのに、一時間かかっていました。本当に最後の最後に間違えても、また最初からの音読を繰り返すという、心の中では何度も「えー」と叫びつつ、また最初から。。を繰り返しました。それを1時間ずっと同じテキストを音読していると、四声と発音は次第に安定していきますが、またそれ以外にも自然と内容をそっくり覚えてしまえることもよかったです。
とはいえ、たとえ1時間かけて、そこの発音が完璧に近づいたとしても、また別のテキストを読むとぼろぼろです。中国語を学習してもうすぐで10ヶ月もたってしまいますが、まだまだこの四声では苦労しています。
ただ、このネイティブによる、スパルタ発音チェック方で、次第に四声の修正箇所は少なくなっているので、いつかそれほど遠くない内に、全くチェックされずに読む日が来ることを願ってやみません。


あと、「テレビで中国語」では、胡兵の発音が聴き取りやすいのは勿論ですが、彼の発音の説明は、わたしの老師がよく説明してくれることと共通することが多く、とても納得がいきます。そして、なんとなく胡兵(脚本)が伝えたいのは、中国語は、四声という4つの音の動きだけではない、そのイントネーションを再現しなければならないということ。ここの大切さは、よく理解しているのですが、それこそ、大量の音読をネィティブの前で繰り返してチェックをしてもらわないと、わたしはとても自分では修正ができないことです。
CDを聴いて、そのCDの通りに繰り返す。というのは、簡単なようで、とても難しいです。学習はじめの頃はCDと自分の音をかぶせてしまっていたので、自分ではCDの通りに発音できていると大きな勘違いをしていました。
これはシャドウイングだけを繰り返すことの危険な点でもあるように思います。
一人で練習をするときは、面倒でもCDをとめて、そこで発音を繰り返して、CDと自分の声を比べるのが一番ですが、やはりわたしのような発音音痴には、レコーダの音を聞き返しても、自分が間違っているかどうかが的確には掴めないことと、それをどう修正すればいいのかには、なかなか辿り着けません。


今日は、相変わらずの「家有儿女」の第三話の最後の第六課を予習して、第三話全体を何度も見ます。
また、「漢語初級口語教程」下巻の最後の16課。
時間があれば、北京語言大学の閲読本を読みます。
と、こんな予定を書くだけで、わくわくできるわたしになりました。

从此测房们进入,由彼测房们离去

内容の面白さは、間違いなくこの「家有儿女」ですが、テキストは、豪華すぎでは?
と、いろいろな意味で中国っぽくないテキストです。
当面は、DVDを見ながら役者になりきります。この夫婦の演技は、本当に国際級です。




これが、内容にケチばかりつけた北京大学の500字水準のテキストです。これの、1000字、2000字水準が出れば、また買ってしまうかも?
とりあえず、大量に中国語を読めるようになりました。




これは、「漢語初級口語教程」の下巻の最後の文章です。全体がこんな感じで。文法の解説はあまりありません。練習問題も、内容理解をして、おそらくそれを口語で答えることを練習とさせているのかもしれません。テキストというより、こちらも比較的簡単な中国語の物語を読む。という感じは好きでした。




これが、「中国語がわかるリスニング」これをはたしてテキストと言えるのかわかりません。解説はほとんどなくて、中文と和訳と、いくつかの単語の意味が載っているだけです。



今日は休日なので、久々にラジオ講座を朝と昼の2回聞きました。


音読をして、暗記をしたい。まだできていないけどね。という李白漢詩はこれです。


早发白帝城 李白

朝 辞 白 帝  彩 云 间
千 里 江 陵  一 日 还
两 岸 猿 声  啼 不 住
轻 舟 已 过  万 重 山


唐代七語絶句の最高傑作だとのこと。李白の生涯のことは殆ど知りませんでした。彼が罪から貴州に流されるところで恩赦にあい、また白帝城から長江を引き返すときの詩。
李白は、成語の「只要功夫身 铁杵磨成针」をテキストで知ったときに、こんな出来すぎた話に李白が出るのか。と驚いたり、「中国語がわかるリスニング」で李白杜甫がで会っていたことを知ったり。
と、テキストを読んでいるだけでも、次第にいろいろなことが繋がってきます。

中国語教材の使い方


連休に、北京大学の500字水準の小説「如果没有你」(もしあながたいなければ)を読み終わりました。このシリーズの小説としての奇妙さばかり書いてきましたが、今回もまた凄いですね。スリの男性を女子大生が好きになるのですが、それは小説としてありうる話かもしれませんが、この小説の無茶ぶりは凄いものでした。
と、小説としての完成度については、大いなる疑問を持ったこのシリーズですが、当然ながら文章は平易で、それでいて各種の補語や基本的な文型に多く接することができたことは、よかったはずです。(きっと。。)あと、一気に大量の中国語文章を読むことに慣れることができました。
こちらも、機会があれば、ぱらぱらと読み返したりCDを聞き返したりしようと思います。


また、ようやく「漢語初級口語教程」の上巻が一通り最後まで終わりました。下巻も来月には終わりそうです。この北京大学の留学生用の教材の特徴は、あまり文法に重点を置いていないところでしょうか。特に会話部分は基礎的な会話で、朗読部分に、面白い素材が多いのですが、この素材を乗せることが先にあって、文法や単語を学習させるための教材作りとはなっていないところが好きです。だから、この初級の上と下を通読しても、おそらく必須な単語や文法を学び通せることにはなりません。しかしこの教材の朗読部分の教材は面白かったです。
教材のタイトルは「口語」となっているのですが、他の留学生用教材(漢語口語速成、説漢語、初級漢語)のような、口語体を覚えさせるようにもなっていない、不思議な教材でした。


大学生2年生用の教材の難しさは、わたしが今の大学2年生の第2外国語水準をなめていたのかもしれません。手元にある教材を見るに、大学2年生用教材の到達点は、中級の完成にあるようで、留学生用の初級提高編を遙かに越えたところに入っています。
実際に留学生の1年間に接する時間の多さから、一年間で分厚いテキストを数冊使うようになっているらしいですが、この日本の大学生用教材は、こんなに薄い中に見事にいろいろなものを詰め込んでいます。
両方の多くの教材を使いながら、ゆるやかに、そしておそらく確実に中国語水準をあげていくには、留学生用のテキストの方が使いやすい。とも感じたのですが、その内容については、決して日本の大学生用テキストも負けていません。
ラジオやテレビや、また文法書の執筆者として、有名な先生方が作られた素材は、読み物として面白い物が多いです。
少し変わったところでは、まだ使っていないのですが、「朋アリ遠方ヨリ来ル」は、一課がたった4行であったりするところが、相原茂先生の現実の大学2年生の状況を察しているというか、やはり個性を発揮しているところでしょうか。
で、これもまた使っていないテキストですが、関西大学編の「心に残る中国語」というテキストがあって、編集方針がまさしくタイトル通りの「心に残る中国語」を選び抜いたという点と、全ての課の練習問題の1が、テキストを背诵しろ。というところが、気に入りました。
せっかく、限られた頭脳と時間で暗記をするのなら、買い物をしたり、病院へ行くときの会話を覚えるよりも、わたしには、美しく記憶に残る文章を暗記したいので、これをきれいに背诵して、週に一回の老師に披露しようと思います。
また、単語や文型の暗記をしようかとも思ったのですが、せっかくそういう時間を作れるなら、漢詩を暗記していこうと思いました。
とこちらこそ、老師から、四声を体に馴染ませることと中国語の発音を丁寧に美しく発生する練習にいいということで、漢詩の暗記を進められました。今は殆ど知識がない漢文についても、暗記から入って漢文の知識から派生して中国語の歴史を学びたいとも思いました。
やはり試験のための学習でもなく、さらに学習のための学習ではなく、すでに中国語から何かを学びたいという気持ちが大きくなりました。


と、大学のテキストと中国の留学生用テキストを比べていますが、実際に入門や初級レベルを独学で進めるには、一般の市販テキストが一番いいのかもしれません。
今のところ、わたしのお気に入りは、やはりあまりテキストらしくない、「生活中国語」と同じ著者の「中国語実習コース」です。さらに、「中国語がわかるリスニング」も、最初に手にした時に感じた難しさは今でも、そんなには変わらないのですが、小説を何冊か読んだあとからなのか、ぎっしりの中国語を読み進んでいくことに快感すら覚えるようになりました。


それから、「家有儿女」は、よたよたと第3話に入りましたが、このテキスト一冊がどんな留学生用テキストよりも厚く、内容が濃いので、このままなんとか4話まで辿り着きたいものです。
それからそれから、「聴く中国語」にまで、なかなか手と目が回らなくなってしまったので、完全ではなくても、一通り聴いて読み通したいです。

今は、人生で一番机に向かっている時間が多い気がします。休日には一日の学習時間が10時間を超えたあたりで、集中力が落ちるというか、頭痛すらしてくるので、連休は久々に走ってみたところ、今度は疲れて机に向かえなくなってしまいました。
と、気を取り直して、また孜孜不倦地用功。

連休の予定

今日は、たぶん一日に2回ここの記事を更新しようと思います。
連休は中国語にとことん浸れそうで嬉しいです。


まず、「家有儿女」の第二話の最後の第六課と、第五課の練習問題。
また、漢語初級口語教程(下)の15課
漢語口語速成(提高編)の11課
作文練習
あとは、テキストの通読か500字小説も一冊読みたいです。

と、夜に実際にどれだけ出来たのか、書いてみたいと思います。