一年間で使ったテキストさんたち



と、写真にすると結構やっているような気がしてきました。
どれも有名なテキストだと思いますが、この中でかなりやりこんだのが、やはり、「漢語口語速成」の基礎編と「説漢語」の上巻でしょうか。301と「漢語口語速成」の入門編は、あまり丁寧にはやっていないかもしれません。しかも、下巻のみで上巻は持ってもいません。本人としては、ラジオ講座で入門的なことは習得できたと思っていたのかもしれません。しかし、今でも、301と漢語口語速成の入門編の、基本文型はよく出来ていると感じます。(マスターしていないとも言えます)
「漢語中級口語教程」は、約半分の第七課までで、テキストを変えることになりました。しかし、この第一課の文章は、わたしも老師も本当に好きです。この一課で作者たちは満足してしまったのかもしれません。


「説漢語」は301の次にやるテキストと紹介されていて、よく中級テキストの扱いになっていますが、実際には301のあとにすぐ始められる初級クラスかもしれません。
「漢語口語速成」のシリーズはテキストとして、文法や語彙の出し方や自然に繰り返すやりかた等、とてもよく出来ています。
「漢語初級口語教程」のテキストは、あまり口語テキストらしくないですが、朗読部分には、エッセイのような文章があるのですが、これが面白いと言えば面白いのですが、単語が容赦ないです。初級なのに、HSKの丁や丁にも入っていない語があったりします。
「初級漢語口語」は、わたしにはこの会話が面白くないのと、これだけ評判で広まっているテキストなのに、かなり誤植も多かったの不思議でした。
しかし、まずテキストを見ずに、CDで聞きとろうとするのですが、この入門編クラスの、初級漢語口語2ですら、聞き取れなかったりします。それは、テキストをみれば、簡単な語彙であるのがわかるのですが、まだ音が意味と結び付かないという問題と、言葉の組み合わせを、まだまだ分かっていないことに気づきます。
また、練習問題が多く、わたしはどのテキストも練習問題も隅から隅までやるのですが、特に「初級漢語口語」は、言い換え問題が好きで、ここにCDの音が無いのが残念でしたが、この文型を今度老師との会話で使いましょう。とたわいもないことを考えてたりして、使っていました。
「301」のテキストは練習問題も音声になっていましたが、やっていた時はしつこさを感じてしまいました。そういえば「新中国語」にも、練習問題まで音声に入っていたのが、偉かったです。やはり、いちばんテキストとして完成されていると思わせてしまう風格があるのは、「新中国語」だったのかもしれません。


そして、これらとは別にまた大学生用のテキストも10冊くらい使ったのですが、それらとこの中国のテキストを3月まで復習して4月からは中級のテキストを使ってみようと思います。
漠然とした復習では、とりとめもなくなるので、3月まではそれなりに、スケジュールを立ててサクサクやっています。また、ankiなどのツールや、ネットで特に声調に特化したゲームのようなツールを見つけたので、これで知っている単語達に声調を合わせてやる作業もしています。
今までは意識していなかった語彙量を正確な声調を意識して増やし、3月までにHSKの約3000を確実に。今年中にHSKの丙2202を足すくらいの語彙量を確認しながら増やしたいです。
ただ、語彙は知っている単語についてはツールなどで、比較的容易に記憶付けができるのでしが、知らない単語はツールで覚えても身に入らないので、やはりテキストが中心です。


この写真の初級テキストには、全て中級テキストがあるので、続きのそちらを使おうと思ったのですが、口語について言えばこの初級クラスの内容が完全に使えられるようになれれば十分だし。。というよりもっと口語ではない文章を読みたいわ。
ということで、何人かの老師が共通して薦めてくれました「発展漢語・中級漢語」「博雅漢語・中級冲刺篇」「橋梁」の三つを使ってみようと思います。
老師とは、「博雅漢語・中級冲刺篇」を一緒に使ってみて、発展漢語と橋梁は、自分でやるようにと仰せられました。
これら中級テキストの共通点は、厚いところでしょうか。
本当はテキストは数少ないものを徹底的にやる方が、効率がいいのかもしれませんが、こればかりは、性分なので、量が質を凌駕することを期待するのみです。

何時から、ピンインがないテキストを使えばいいのか

と、そんなことを説明している文章を見たことがありませんが、いったい中国語の学習を始めてからどのくらい経ったところで、ピンイン無しのテキストを使いはじめればいいのでしょうか。


中国で作られテキストは入門書にはピンインがあるものの、すでに初級テキストからピンインはありません。ところが、日本の大学生向けのテキストや市販されているテキストでも、すでに1年以上中国語を学習している人向けと書いてあっても、殆どのテキストにピンインがふってあります。
わたしは、半年くらいで中国の初級テキストである「汉语口语速成」の基础篇を使い出したのですが、それが良かったのかどうかわかりません。明らかに急ぎすぎるペースで漢語会話301句と「汉语口语速成」の入门篇を終わらせたつもりになって、「汉语口语速成」の基础篇と「说汉语」を開いても、決して内容が難しくなったと感じなかったので、なんとかできるのでは?ということでサクサク進めてしまいました。
確かに、読めるしテキストを見ながらCDを聴けば、聞き取れるし。ということで、CDの音を真似した音読もかなりの回数をしました。
ただ、漢字がもっている四声をきちんと覚えようとしなかったので、また「说汉语」には四声の印があったので、それに頼り、「汉语口语速成」にいたっては、辞書をひいては、四声の印をつけていました。
実はそれは今でもそんな癖が抜けずに、四声記号がないと、かなり基本的な漢字ですら自分で調べてはテキストに印をつけてしまいます。四声記号なしでは生きられない体になってしまいました。ノー四声マーク,ノーライフです。


しかし、もしかしたら、四声マークがないと発音ができないと思っているだけ?実は無ければ無いで自然に口から正しい四声が出てくるのでは?四声は体で覚えろとかいうし、もう一年もやっているんだから実は四声も体にしみこんでいるかもよ!
と、妙に楽観的な考えが浮かび、まったく四声をふらずにネットでのレッスンをうけてみました。(予習をしなかったとも言えます)しかし、やはり気が弱いのでレッスンの最初に、今日は時間がなかったので、全く準備ができていませんでした。みたいなことを言うと、当然老師は、「没关系没关系」と言ってくれるのです。
ところが現実は、レッスンでは自分でも呆れるくらい四声がぼろぼろに。そして、「なんだか別人のようで驚いてしまいました。哈哈哈哈」と笑われてしまいました。
そもそも、今まではいちいちあなたは四声を調べていたのかと驚かれてしまいました。そうそうわたしの予習とは四声を調べることに他ならなかったのです。「四声を正確に覚えないと同じ発音でも意味が違ってくるのですよ」と優しい日本語で言われましたが、もうそんなことは知っていますよと涙目になりながら、我也不知道为什么我记不住。很难很难。みたいにへらへら対応してしまう日本人でした。


要は「わたしは四声が覚えられない」ということを、これだけの字数を使って書いてしまっただけなのです。数回出たことがある中国語発音教室では、殆どの人が一度発音を聞くと、何声何声と把握できるのに驚きました。あれから一年ほどたっても、未だに音声を聞いてもなかなか正しい四声を判別できない四声音痴にとっては、漢字を音で記憶するという単純らしい芸当ができないため、もう何が何でも漢字の四声を強引に覚えるしかないと覚悟しています。(あたりまえ?)


また、この「はてな」でコメントをいただいている先生の御厚意により、わたしの発音を聞いて貰い、貴重なアドバイスもいただきました。ただ、お送りした発音がまさしく、暗記しているくらいの練習済み発音であったので、まだまだあまりボロが出ていないことは、ここだけの秘密です。

「家有儿女」の授業


週末は、ずっと中国語を読み聞きしていました。
やったことの中心は、実は「家有儿女」でした。いったい、何話まで見たのか。というと、まだ一話も見終わっていません。
この、20数分のドラマをいったい何時間かけて学習しているのかと、我ながら驚きます。
まず、ネットでこのテキストを使って授業をしてもらったのですが、これがなかなか。
台詞が聴き取れない。というのではなく、テキストが難しいというのではなく、もう老師の話が聞き取れません。
なにやっているのか。っていう話ですが、日本語もわかる老師なのですが、こちらも、「もう一度言ってください」をあまりに何度も繰り返すは、いや、この「请在说一遍」の声調が違うと、これまた修正されてしまうレベルなので、なかなか進みません。
一時間の殆どを台詞の音読です。また台詞の意味がわからない所を解説していただいたのですが、それでもいまひとつ理解できていなかったり、考えてしまうと、沈黙が続いてしまいます。
自分でも、どこがわからないのか整理していなかったので、なかなか授業の進め方もわからない緊張のまま、第1回の授業が終わりました。
このテキストは、一話を六課に分けているので、一週間に一課だと、一話を終わらすのに、一ヶ月半。一冊のテキストが4話なので、なんと、たった4話終わらすのに、半年。このテキストを三冊もっているので、三冊の12話が終わるのに1年半ですね。
それは、あまりにもあまりだ。という気がして、もう少し自分の「家有儿女」の水準を上げようと、とりあえずドラマを聴き取るよりも、ドラマの台詞を音読し、不明点を調べ、練習問題をやりました。
しかし、内容が面白いので、他のテキストをやるより抵抗感がなく、また初見では難しいと思った言い回しや単語も練習問題までやると、すんなりと頭に入ります。
ただただ、ネットの授業の老師に迷惑をかけまい。という小心者のきまじめさから、準備を重ね、週末に4回の授業をお願いして、1話の4課。2/3まで終わったところです。
それでも、授業中の老師が話す中国語は1/3くらいしか、理解できていないのは内緒です。
しかも、「内容をまとめて」とか、内容の解説とか、この台詞をどう思うか?という質問には、心の中で「えー!」と叫んだ後で、PCの辞書を使いながら「少しわがままです」とか「わたしは上海蟹は食べたことがありません」とか、しょうもない答えを必死で返しています。


寿命が3ヶ月くらい縮んだ気がする「家有儿女」の授業でしたが、老師にも、わたしが、かなりイッパイイッパイであることを気づかれて、このテキストが難しければ、替えてもいいですよ。みたいなことを言われてしまいましたが、もう意地でも第一話は今週中に終わらせます。気合いが続けば、一冊の4話分まで来月には辿り着きたいところですが。。
しかし、このままのペースだと、一話で6時間のレッスン。4話だと24回のレッスン。いったい「家有儿女」に、どれだけお金を使うのか。と自分でも不思議ですが、もう暫く授業は続けてみようと思います。
内容は本当に面白いのですが、個人的なツボは、息子二人が、娘を歓迎する节目をするのを見て、刘梅役の女優が芝居でなくおそらく本気で吹いている瞬間でしょうか。あと、子役達の芝居は、あまり上手くないのですが、あの子役的な「芝居」ぶりもまた、見ていて楽しいです。


と、週末の中国語はそれだけでもなく、「漢語口語初級教程」もコツコツ進めました。上と下を一緒に進めているのですが、順調に行けば10月には終わりそうです。
「漢語口語速成」も相変わらず繰り返しています。この基礎編は、課によっては数百回の音読をしていますが、今年いっぱい何度も繰り返して定着させたいです。また、「提高偏」も、進めているのですが、これも少しずつ進めて、また来年の夏かGWに集中して復習をしたいです。
「初級からのシャドウイング」と「会話ルート66」と「瞬訳初級」も、飽きるほどやり続けて、精神的には結構飽きてきてしまっているので、もうどこまで続けるの?と、特に「初級からのシャドウイング」と「瞬訳初級」は、すでに一回り終わっていて続編もあることだし、10月には卒業するようにスケジュールを組みました。
「会話ルート66」は、今までは、なかなか単語が頭に入らなかったのですが、他のテキストを進ませることで、かなりの単語が既知のものとなり、音読をしやすくなりました。これは、内容がいまひとつ面白くない。という理由で、やはり9月か10月には終わらせて卒業させいたです。
「中国語がわかるリスニング 」は、今一番のお気に入りの内容です。全16話のうち、6話まで終わりました。怪談の話や桃源郷の話も面白い。わたしが持っているテキストでは、やはり一番難易度が高い文章なのは間違い無いのですが、内容が面白いので、先へ先へ進みます。
これも、全16話なので、9月には一旦終わりそうですが、年内中、何度も繰り返して、テキストを見ずに聞いて内容がわかる。ところまで聞き込みたいです。
「聴く中国語」は、とても面白いです。テキストが中国語を学ぶ。という方向だけでなく、現代中国の状況を知らせる。という方向に向いているかのような様々な話題や、個人的な記事も面白いです。ただ、月刊誌はなかなか手強いのですが、一ヶ月に一冊、もしくはバックナンバーも入れて2冊くらいは読み終わらせたいです。
「生活中国語」も、コツコツ進めています、もう少しで一通り終わるのですが、如何せん内容が古すぎます。日本のストで全ての電車が止まるとか、また作者の考えも、少し奇妙に感じる点が多いのですが、そこの違和感に、また少し惹かれたり。。これも、9月には一通り最初からやり直して終わらせたいです。
「説漢語」は、今は近所の中国語先生との発音素材ともなっているのですが、上巻を暗記目的で使っているときは、単語や語法を覚えるのに役立ったのですが、下巻に入ると、中国語で発言したり意見を伝えるのに有効的なように感じます。
これも今年中まで続けて、下巻も暗記を終わらせたいところです。


と、いろいろ書きましたが、いつのまにか、面白い教材を使いたい。という方向に向かっているのですが、これはもう学習をしているというより、本当に中国語を使えているという感覚になってきました。
ただ、あまりにもわたしは中国語を書いていないので、書けない漢字が多いです。音読だけでなく、暗記の最終段階とまとめとしても、中国語をきれいに書く。という習慣も身につけたいです。
という中国語欲望でぎらぎらしているこの頃です。

週末の中国語学習


平日の朝は何をどう学習するのかが決まって、およそ計画通りに進められているのですが、平日夜と特に週末の学習が、あまり何をするのかが決めていないためか、時間があるようで、いまひとつ集中が出来ていません。
何をどのように何時間くらいするのか。も決めておいて、その場で考えずにとりあえず計画をして、予実の乖離や、計画自体を緩く見直すようにしようと思います。
と、実は夜と休日の学習こそが中国語学習の基本だと考えていて、6月までに大学1年生のテキスト、中国で作成されたテキストであれば入門級。7月から半年で大学2年生用と中国の初級用。という、大学2年生の第2外国語水準なら、いい大人が真剣にやれば、1年間で追いつくのではなかろうか?という根拠のないところで、決めたこの計画。

さらに計画の前倒しをして、6月あたりから、大学2年生が扱うテキストを読み始めたのですが、なかなか頭に入りません。まだ中国の初級クラスのテキストは、それなりに読めて、聞けるのですが、日本の大学2年生のテキストが特に難しさを感じるのは、やはり単語のなじみの無さかもしれません。
たとえば、こんなオリンピックの文章があります。幾つか知らない単語を調べれば、漢字を見れば意味がとれるようになるのですが、この文字を読んで日本語の意味を理解したつもりになった後になってCDと一緒に音読をすると、理解できた気になってしまいますが。CDの音が終わった後に、自分で言おうとすると、全く意味が取れていなかったことを思い知らされます。


在奥运会的竞赛项目中,深受广大群众欢迎的马拉松是一个起源于古代希腊传说的运动项目。公元前490年,波斯的军队入侵希腊。希腊的战士们勇敢地打败了敌人


その原因や自分なりの解決法も考えているのですが。。
とりあえず土日にメインで使いたいテキストは
大学のテキストが
「中国語キャンパス@中級実用編」「美紀の北京再訪」「標準中国語・応用会話編」
中国テキストは「説漢語」「漢語口語速成」「漢語初級口語教程」「初級漢語口語」
これらを使って土日で約16時間をひたすら音読中心にトレーニングをする予定です。

一週間の中国語

今は、中国語学習で考えていることよりも、淡々と学習内容と学習時間を毎日記録していこうと思います。が、それすら本当は時間がもったいないと感じてしまうくらい、何かせっぱ詰まって学習をしています。
前に、平日は朝2時間と電車と昼休みで3時間平均を目標。と書きましたが、最近はこんな感じです。
朝は5時から7時の学習は実は流動的で、5時に起きても5時半開始になったり、あるいは全く起きれずに朝は0時間のこともあります。
最近のパターンは意識して月曜と水曜は5時に起きて2時間確保し、火、木曜は、6時には起きて1時間を確保します。金土日は早起きをせずに一週間分の寝だめをします。
早朝の学習内容は、「瞬訳」「シャドウイング」「説漢語」+2時間学習するときはあと一冊テキストの音読をします。日々音読の方法もいろいろ工夫をしているのですが、またそれはまとめて書きたいと思います。
平日の早朝学習時間は6時間/5日=約70分


通勤電車の往復は、正味40分×2。この時間が実は最も集中した学習時間のような気もします。昼休みは散歩をしながら20分のヒアリング練習。この100分がずっと「瞬訳」がメインだったのですが、一番集中できる時間にずっと「瞬訳」だけをやっているのも勿体ない気がしてきましたので、行きと昼休みに「瞬訳」で帰りに、疲れた体に鞭を打って中国語テキストを、テキストを見ずにヒアリングしています。ヒアリングもただ聞くだけでなく、同時に意味を理解しながら聞きます。と、意味を理解しながら聞く。というのは、あたりまえで簡単なようですが、わたしの場合は集中力がないのか、夜だからなのか、すぐ違うことを考えたり何も考えなくなったりしてしまいます。それが家での学習だとさらに、他にいろいろなものがある状態では、何の関係もないサイトを見てしまったり、冷蔵庫に向かったりで、なかなか集中度が低くなってしまいます。朝の電車が集中できるのは、ものすごい満員電車なので、視覚に入る情報量が少ないのがいいのかもしれません。
電車と昼休みで約100分


夜は家に着くのが10時くらいなので、11時からのラジオ講座あたりから学習をはじめます。ただ、火、木、金曜日は5時に起きていないので、2時間は学習をするようにしています。ただ、まだまだ集中度が低いのですが、内容はテキストを読んだり、意味をしらべたり、とばらばらですが、日本語のテキストであったり
平日夜の学習時間は8時間/5日=切り捨てて約90分
平日の平均学習時間は、約4時間!。んん多い。もう本当に中国語学習以外何もする時間がありません。
そして、思うのは、朝のプラスワンのテキストと夜の部と、土日のテキストの何を使ってどう学習するのかを決めていないところです。気持ちとしては、多読ということで、中国の初心者向けテキストと日本の大学2年生用のテキストを特に決めずに、たくさん読むようにしているのですが、もっと単純に何曜日は、何のテキストをどれだけ、どのように使うのかも決めてしまいたいです。
土曜日は8時間、日曜日も5時間は学習時間を作れるはずなのですが、今月は何かと雑用で学習ができませんでした。ままならないのもまた人生です。


淡々ととならずにダラダラとまた書いてしまいました。もう少し次回こそ、メインのテキスト計画を決めてからは、毎日淡々とその経過を書いていきたいです。

毎朝大声で読む中国語

もう少し、毎日の中国語学習を淡々と記しておきます。


朝は、「説漢語」、「中国語会話ルート66」、「初級からのシャドウイング」の音読。意識した大きな声で音読をします。「英語上達完全マップ」の音読パッケージとは少しやり方が変わってきました。
説漢語は、一週間で一課を繰り返し音読して、日曜日には暗唱できるように、暗記を意識した音読です。暗記を意識するほど、細かな言葉の使い方が気になります。また、なかなか覚えられない箇所が、単語や語法が定着できていないところなので、そこを意識して繰り返すことになり、これがとても効果を感じられます。


また、説漢語は基本的な口语、句法が多く。それでいて単語も優しいので、この暗記が気に入っています。
ルート66は、読み上げるスピードはとてもゆっくりなのですが、今のわたしには、このテキストの単語も文法的な表現方法も、知らない言葉ばかりでかなり難しさを感じます。挫折しそうなのですが、もうよくわからないまま、とにかく音読します。1課が約1分なので、30回の音読をするうちに、なんとなく馴染んできます。一語一語の意味や、文法的な意味を時間をかけて理解する前に音読を重ね、そのシチュエーションを理解して本当に自分がそこにいて、自分の言葉として発していることを意識するようにしています。


などと言いつつも、翌日になると、またかなりの部分が怪しくなってしまうので、少し進んではまた戻ります。という、これは「音読パッケージ」にとても近いやり方で音読をしています。が、おそらく100回ではなく200回か300回繰り返さないと、このテキストは身につかないかもしれません。このテキストを使うことがいいのか。は、もう考えないようにしています。


初級シャドウイングは、有名な長谷川正時さんの「シャドウイング」シリーズ(勝手に命名)これの入門編を最初の一ヶ月から二ヶ月めでやったのですが、聞き取りとナンチャッテ中国語を早く話すことはできるようになったのですが、これを自己流で行ったため、3月に中国の有名な先生に聞いてもらったところ、四声が全く出来ていないと言われました。


テキストがいけなかったのか、自己流がいけなかったのか、わかりませんが、使い方が正しくなかった。ということにして、4月から一週間に一回、発音だけを中国の先生に聞いてもらっています。四声は、その音と意識して発声しても、文章の中では、間違えてばかりです。これも、二ヶ月以上も四声について指摘され続けると、ようやく自分の間違える癖がわかってきました。四声のことは、また何れまとめて書きたいです。


そうそう、で、「シャドウイング」を全くの初心者が行うことが正しいのか、わたしには、わかりませんが、このテキストのシャドウイングで、中国語のスピードには慣れました。他のテキストが止まって聞こえるくらい、このテキストにはスピード感があります。と、そういう効果だけでなく、読み上げる時間が短いので、1会話がとても早くできて、15分の練習で30回以上繰り返すことが出来ます。あとは、この日本語も中国語もナレーションの「意味をこめた話し方」がとても気に入っています。そこで、初心者なりに中国語っぽくシャドウイングをするのが、お気に入りです。


発音を見てくれている先生からは、四声の間違いは多いけど、中国語らしく聞こえる。と微妙な評価をいただいている所以です。
まあ、そういわけで、入門編に続いて、初級編のシャドウイングをしているのですが、発音をするのが楽しいのと、この音読で、知らない単語をかなり覚えています。


初級で、トランプのゲームの種類や囲碁の用語を覚えるのは、どうかと思うのですが、まあどうせ使う予定がない中国語なので、学習の順序はなくていいのです。

どのテキストも音読で、とくに説漢語は暗記。他にも中国語関係の本をいくつか合計学習時間は5時間