漢詩入門

漢詩については、中国語を始めた頃から音読をしたりしていましたが、今は、聴く中国語の別冊「聴く唐詩三十首」を毎日、その日の日付番号の漢詩を読んでいます。
以前にもアルクの「声に出して覚えたい!中国語で詠む漢詩・25首」やNHKの漢詩についての本を使って音読をしていました。が、実際の所、そんなに漢詩が好きなのかというと、そういうことは無く、なんとなく読んでいたにすぎませんでした。
そもそも、わたしは漢詩のことを知らなさすぎるのでは。と、岩波ジュニア新書の「漢詩入門」を読みました。入門なのに、ジュニアのくせに、本の内容は特に易しいということもなかったのですが、古詩から日本人の漢詩までの解釈や、漢詩の法則を系統だって学べました。
ただ、この入門の書を読んだからといって、漢詩を読んでさらに感動できるようになった、というわけでは全くありません。日本の現代詩や現代の短歌には「ある、ある」と感じられる共有感が無いからか、あるいは自然観、歴史観のような物が自分には決定的に欠けているのかもしれません。


週末は個人レッスンがあって、レッスンを録音し出して3回目くらいだったのですが、ようやくレッスンの録音を聴いてみました。
再生をしてみると、老師の声が直接聞いているよりも遙かに甲高く聞こえ、またより中国語らしく聞こえます。さらに、あたかも会話が完全に成り立っているかのように、ところどころ聞こえる自分の声を聞くのも、嬉し恥ずかしで、楽しかったです。
どうしてこれが聞き取れなかったのかとか、会話中に教えて貰う単語も、再生して始めて辞書をひいては復習ができました。
テキストのレッスンでは、朗読のCD音があるので、いつもわたしがテキストをひたすら音読をし、老師がチェックするだけになります。テキストの中に漢詩もあるのですが、この部分には録音が無いし、せっかく録音機があるので、とはじめて老師に詩を音読して貰いました。
今回は、毛沢東の詩でした。老師が言うには毛沢東は政治家としては失敗したけど、文人としては素晴らしいとか、でもスピーチは訛りがひどかった。などなどと説明をしてから読んで貰い、そのあとにわたしもできるだけ真似た調子で詩を読みました。
と、今まで何度か繰り返してきた光景なのですが、はじめて録音された老師の漢詩の朗読を聞いて、素直に音の響きに美しさを感じられました。それは、「老師の朗読に」ではなく、漢詩の表現を使った、「中国語の響きに」はじめて美しいと感じられた瞬間でした。


今さら、という感覚かもしれませんが、ようやく中国語の響きの美しさに気づき、また、中国人も意味がわからない子供のときから、漢詩を暗記させられるのだ。という、「意味がわからなくても」という言葉だけに励まされ、漢詩の朗読を嗜める耳を作り、また自分で漢詩を美しく朗読するという点にも拘ってみようカシラと思った次第です。
また、いろいろな人が語学は自分の発音を繰り返し聞くと良い、と言っていますが、ようやくその事に気づかされました。江南紅豆先生への録音音源や、SKYPEでのやりとりも保存版としておき、定点観測をしてみます。

中国的な何か

今週も週末まで、殆ど時間が取れないので、漢詩だけを一日ひとつ何度も暗唱をすることにしています。
とりあえず、何か小さなことでも決めたことをやり遂げるのは、気持ちが落ち着きます。
月曜日に李白の「下江陵」こと、以前「早发百帝城」として、暗記ができたと思っていたの、完全暗記とは程遠い結果であったことがわかったので「下江陵」として改めて再度30回ほど音読。しかし、まだまだ何か身につけられていないことも分かります。
火曜日には、同じく李白の「送猛浩然之广陵」これも既読。
とりあえず、今月は愚直に「聴く唐詩三十首」を最後まで読み切りたいです。


たかが七言絶句の量だし。と思っていたら、五言律詩、五言古詩から、かの白居易の「长恨歌」まで出てきます。
また、はじめてこの詩を最後まで読んだのですが、短編小説のような物語性に惹きこまれました。
心に余裕があれば、これこそ暗唱したいものです。


また、中国語を学習しはじめたとはいえ、文化的背景も、歴史的背景も、わたしは何も知らないに等しいと悟らされました。
12月が終わるころには、この基本の30首と、これら周辺の知識がとりあえず自分の脳に入りこむと考えるだけで、中国的な何かに近づけるような気がします。

魯迅の藤野先生

再び、藤野先生の原文をテキストではなく、完全版で読んでみました。文章を読んで感動をするということは、どういうことであったのかを思い出せさせてくれました。


学生時代に魯迅の小説は読んだことがあって、また藤野先生という医学の日本人教師について書かれた文章のことも知っていました。ただ、中国語で一度読んだだけでは、思ったよりも恩師についての良き思い出を語るという体裁とはどこかが違い、奇妙な違和感を感じたくらいでした。そもそも、暗記で使っていた「心に残る中国語」に掲載された藤野先生の削除部分は大きく、作品としての肝というべき点までもが削除されていたのも残念でした。


わたしが、そのあまり単純な恩師賛歌の文章ではないな。と気になって原文を読み返したところが、逆に魯迅の藤野先生への凝縮された想いを感じさせられてしまいました。また、この作品は藤野先生のことを書いてはいるのですが、彼が住んだあの時代の中国のこと、あるいはその時代全てをも切り取られています。
改めて魯迅の文章に興味を持ってしまい、来年のわたしの目標のひとつとして、魯迅の「阿Q正伝」を原文で読む。としました。

漢詩は日本人に有名な张继の「枫桥夜泊」でした。とはいえ、日本人に有名であるということは全く知りませんでした。

中国の小学生

今週の流れが続いてしまったように、机に座ってもなかなか集中できない土曜日でした。
レッスンでも、日本語での会話が進んでしまいました。老師が魯迅マニアでもあることから、その生い立ちから死にまつわる謎や他の著作のことまで教えていただき、いろいろと興味はもてたものの、今原文で魯迅の著作を読むのは厳しいです。
藤野先生と中級テキストの音読。テキストは美好的回忆という文の中で、そんな恰好いいやつはいないだろうよ。という人が出てくるのが可笑しいです。
道で怪我をしていたところを通りかかった人に助けて、病院と宿舎まで送ってくれた人にお礼を渡そうとすると、こう言われます。
他摇了摇了头,一脸真诚地说“我们俩在路上相遇,这是缘份。你给我钱没劲了。祝你早日恢复健康,回头见!”
老師も、これは中国人らしい文章とのこと。まあ、たしかに。。
テキストにも魯迅の両方とも、多くの方向補語が出てきます。これら方向補語の派生的使用法たちを自分で適切に使える日が、果たして訪れてくれるのか全く見当がつきません。


漢詩は杜牧の赤壁。杜牧という人のことを初めて知りました。


中国の小学生向けの物語や教科書も読みました。「心に残る中国語」のいくつかの文章は小学生の教科書に載っている。という話から、そういう文章があるのかという期待は全く叶えられなかったのですが、それでも当然手ごたえのある中国語と、中国の教科書が何を学ばせようとしているのかの一部がわかって面白かったです。
そういえば、自分でも未だに小学生のときに触れた物語や音楽のいくつかはしっかり覚えています。斯様に、子供時代をどう過ごしたかが、今に与えている影響の大きさを自ら思い知ら去られる日でありました。

「英語は絶対、勉強するな」的休息

わたしの適当な記憶では、たしか「英語は絶対、勉強するな」には、必ず英語学習を一週間の一日は休め。みたいなことが書かれてあって、著者はアメリカの研究でも実証されている。という説明をしていたように思うのだけど、わたしは全くその理由がわからなかったというか、まあそんなことに対して拘らなかったのだけど。それはどういう理屈だったのか。そして、脳科学的に語学学習は位置に休んだ方が脳で構成されるというのは本当なのだろうか。


と、今さら思うのは、語学練習は運動訓練と、とても共通していると実感することが多く、トレーニングも体を壊すくらいの練習をして、また休養を加えた方が細胞が強く再生される。というような理屈があって、これは理屈ではなく自分でも実感をしていました。


と書くのは、もしかして中国語を始めた今年から、殆ど記憶にないくらい、今週は殆ど中国語に触れられませんでした。
が、また決めたことなのでと、王维の「渭城区」は瞬間暗記をしました。この詩の男性朗読者の極端な強弱のつけ方は、細かな点まで真似をして音読をしてみました。

会社の人で、中国語学習を開始して、2年弱で中国語検定の2級と準1級を受けた。という若者と中国語の話が出来て楽しく、いろいろ同感することも多かったです。自己採点だと2級は受かって準一級は微妙なのだとか。また同時に、彼の気楽な姿勢で語学を上達させていく点が興味深かったです。

私の理想も、負荷をかけずに、いつのまにか中国語が上達しているという長距離のLSD的な語学トレーニングは、やはり多読だろうと思います。
彼が中国語学習1年後あたりから、ドラマと中国語の小説をネットで見まくり読みまくっていたら、「いつのまにか」単語がわかるようになったという話はそんなことがあるのかしらん。と思うも確かにわたしの適当な英語力も英語のペーパーバックを読んでいるだけで、単語が自然にわかるようになったような気がするので、その「いつのまにやら」作戦をもう少し確実に実現させていきたいものです。
わたしの今週の中国語休みは、ただの時間が無かったというだけなのですが、とりあえず、ようやくの週末にたどり着きました。

游子吟

まさしく、この一句を読むのが唯一の中国語に触れたときでした。

最後の二句が反語になっているのですが、中国語にはこういう反語が多いですね。
また、孟郊の紹介文では必ず50歳近くで科挙に級第した。という解説があって、それがまた試作と違う点でこんなに後世にまで記されているとは、孟郊も思うまいですが、また詩作によって官位を下げられた。という記述までついてきますが、確かにこう、自分の不遇さ貧苦さを訴える作品が多いのは、勝手に同感できますよ。


今週の暗記予定であった、魯迅の「藤野先生」は、暗記を諦めて朗読だけをしたい。作文も出せないかも!と、ついでがあったので老師にメールをしたところ、藤野先生は、簡単なので頑張ってください。という簡単な返事をいただく。

毎日はてな

12月は、毎日はてなに中国語を書いてみよう。と思った傍からすでに、三日たってしまいましたが、そこはそれ。
こう過去を新しく作って記録をします。
実は、今週は殆ど12時過ぎの帰りで、こう書いていても眠くてたまらず、中国語の暗記ももちろん、何もできないに等しい日が続いてしまいました。

と、漢詩くらいの長さなら一日ひとつは覚えられるのでは。とまた好奇心だけが持ち上がり、「聴く漢詩30首」を今月の一か月で味わいつくしてみたいです。
というわけで、猛浩然 「春晓」を布団の中まで呟いた日。