わたしの人生はわたしだけのもの

アメリカの9.11の事件のときも、地下鉄サリン事件のときも、わたしはひどくつまらない場所で、圧倒的にくだらない事をしながら、呆然とテレビを見ていました。
それは大変な事が起きているということと、今の自分をとりまいている、だらだらとした日常とのギャップに呆れながら、そのだらだらさを何も脱することができずに、また、うだうだとした日常を繰り返すしかありませんでした。


あれからたくさんの水が流れ、東北で起きている事件については、今までわたしが目撃したどんな事件とも全く違うことだけは、はっきりわかります。
ただ、あまりに多い死者の数は、うまく想像することすらできません。数百体の死体が岸に打ち上げられているという場面を想像することが出来ません。数十万人の人が避難所生活を送っていることも想像できません。原子力発電所では、同時に複雑で多くの危険なプロジェクトが進行中であることも、上手く想像できていません。


それほど遠くはない東京で働きながら、時々関係者の誰かが亡くなったとか、どこのシステムが回復できない。という連絡を受けても、まだきちんとわたしの想像力は現実に追いつけていません。

以前から、漠然としていた感覚の、「わたしの人生はこんな感じでおわってしまう」という焦りのようなものがありました。今はもう少し積極的に、自分の人生が遠からず終わることに慣れることが出来たような気がします。「わたしの人生はわたしだけのもの」なのだから。


いつのまにか今のわたしの現実の大部分を占めるのが、猫と中国語になっていました。それから、地震のあと、どうなったかというと、更に猫と中国語に没頭するようになりました。
猫のことはまたあとにして、ここ数日の中国語は、時間だけはかなりかけました。
発音は、基本の母音や四声の繰り返し。
テキストの「日記で学ぶ中国語日常表現」、「中国語できょうのできごと」は、日記の書き方を説明するテキストという形をとりながらも、これを読んだからといって中国語の日記が書けるわけでは全くありません。ただ、「日記で学ぶ中国語日常表現」は、基本的な単語、用語がよくまとめられてとても良いテキストでした。これは本当はさっと読んで終わりにしたかったのですが、2月中ずっと読んでいたかもしれません。また、「中国語できょうのできごと」は、あまりにファンシーな表紙と中身に騙されるところでした。こちらの表現は、かなり高度で、知らない語法もかなりあり、そもそもこんな女子表現はわたしは必要ありませんから!と、本を投げ出したくなりましたが、著者が中国語学校で教えていた日本人学習者の作文添削がかなり載っていて、それもためになりました。しかし、一番はyeyeさんの声を堪能できるところでしょうか。このテキストは去年の夏ころから、だらだら読んでいました。
説漢語の上と下は、去年のかなり早い時期から使い、表紙も中もかなりぼろぼろになっています。初級漢語口語2は、去年の9月頃から使い、こちらもよく書き込みをしました。それでも、これらを19日から一日一冊最初から最後まで音読をしました。
「続中国笑話謎語50選」は、今年の1月に「中国笑話謎語50選」を読んで、想像以上に内容の面白さと、中国語学習のツボ的な両側面を満足させてくれたので、またわくわくしながら読みました。そして、わたしが知っている限りの中国語の読み物テキストの中では、この「中国笑話謎語50選」と「続中国笑話謎語50選」の2冊は最高なのかもしれません。中国語をはじめて半年か1年くらいの人であれば、単語の注釈だけで辞書をひかずに読めますし、それでいて、次の頁をめくりたくなる話で作られています。


また、今日の朝から読み出した(聴きだした?)「ミンミン父との旅路」は、これこそわたしが読みたかった中国の道が自転車であふれていた時代の匂いがする物語でした。
大げさな翻訳と感情過多なナレーションと、妙にリアルな子役の声で朝から、すでにぼろぼろのわたしの心のどこかを掴まれてしまいました。
できれば、今日か明日には読み終わらせてしまいたいです。


中国朋友们,这广播剧是《火车在黎明时到达》。1987上海广播电台播送了。我觉得地道的广播剧。

2011年にやることリスト(何度目かの)

先週はインフルエンザで会社を休みました。
実際には、一日半寝込んだら熱も下がったので、中国語を読んだり聞いたり音読をしたりしていました。それはそれで幸せだったのですが、一日家にいても、意外にたいした量ができませんでした。集中力さえ無くなったのかもしれません。
また、この病み上がりの時に読んだ「二人の王子さま」という中国語テキストはよく見ると、原作が有名な方なので、いかがな内容なのか、と訝りながら読んだのですが、童話としてとても洗練された物語でした。
中国語は、これが結構難しかったのですが、何故か注釈は簡単な言葉や文法の説明ばかりしているのが、少し奇妙でした。
しかし、中国語だけで、次にどういう内容になるのかを想像しながら頁を捲ることができたのは、楽しかったです。
引き続き、「中国笑話謎語50選」も読み終わったのですが、これはまた違う意味で面白かったです。
出てくる単語は、今まで読んだどの初心者向け中国語読み物より簡単な言葉なので、どんどん読めるのですが、笑い話のポイントを納得するために、やはり中国語で考える。推察する。という頭の行為が働いてとても楽しいです。とくに、41話からの謎語からは、一話のボリュームが大きくなり、中国語の言語的意味内容を考えるというより、謎を解くという方向に意識が働くのがいい「ような」気がします。
そして、内容はとても平易なのですが、いかんせん50話で殆ど日本語無しで170頁以上という内容は、読み応えがありました。



2011年のやることリスト
もしかして、前には違うことを書いたのかもしれませんが。。
■中心のテキスト
・汉语口语速成提高篇
ゆっくり進めているので、遅くとも3月にはいったん終わるのですが、また夏には集中的に、自然暗記に近づくくらいの音読をして、定着させたいです。


■会話テキスト
・初级汉语口语
2と提高篇を進めていて、これも3月までには終わるはず。
・家有儿女
これは、1が終わったのですが、もう少し復習をして4月ころから2を。また復習をして、10月頃から3を進める感じで。


■なんとなく終わらせたいテキスト
・橋梁
とにかく、これをやりなさいという指令を受け、注文していたテキストが届きました。上下2巻。CD8枚のボリュウムはなかなかです。ただCDの最初と最後の課を聞いてみると、スピードは早くないです。新出単語が、最初は、HSKの区分で乙と丙が中心なのですが、下には丁の単語が中心となるようで、このテキストでなんとなく語彙力を上げてみよう。と気楽に考えたりしています。
「説漢語」は相当音読をしたのですが、下巻になると、観光案内テキストのようになったこともあり、上巻ほど下巻は読み返していません。
その「説漢語」の次にやるテキストらしく、留学生の2年生が使うテキストであるらしいです。
とりあえず、ずんずん一人で進めて、クラスの劣等生が最後まで授業に出てみました的な水準に持っていければ、ある程度の語彙が習得できる。?。。のでしょうか。
ただ、いかにも、という中国語教科書的な練習問題も沢山あるのですが、もちろん、全てをきちんとこなしてみます。問題は、正解がわからないことなのですが、そんなことは気にしません。とにかく終わらせたい。せめて上巻だけでも。


上个星期,我发烧了,去了医院。大夫说“现在没有流行性感冒的症状,不过有可流行性感冒的可能性。”所以,大夫给了我流感的药。从星期二的下午开始不上班了,不过,星期三的下午烧已经退了一点儿。我起床,朗读中文的课文,读中文的书,听中文的CD。于是,很快就完全退烧了。身体反而比以前好了。通知公司,由于患了流行性感冒所以我不会去上班。其实我从星期三到星期日一直在学习中文,很幸福。